イラストで顔を描く練習のコツ!バランスの決め方と影の付け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人物イラストを描くときに一番楽しいところと言えば、やっぱり「顔」という方は多いですよね!

顔はやっぱり目を引きますし、最も魅力的に描けるようになりたい部分です。

 

今回は顔を描くときのバランスやポイント、どうやったらバランスを崩さずに描けるかなど、一般的な手法から個人的なやり方まで、様々な目線からお話していきたいと思います!

スポンサーリンク

最初に知っておきたい! 顔のバランスについて

最初に人物のお絵描きをしようと思ったとき、

誰しもが始めに書こうと思うのが「顔」ではないのでしょうか。

とはいえ「顔」と簡単に言っても、正面からの顔、少し横向いた顔、横顔、そしてあおりや俯瞰からの顔など、イラストによって描きたい顔は様々です。

実際の問題を挙げてみると、

  • 「正面の顔はともかく、横顔が描けない」
  • 「あおりや俯瞰の構図になると顔がどうしてもおかしくなる」

などの悩みも出てくることもあります。

だからと言って「上手く描けないから」と言って違う向きを描かずにいると、あとから見ると同じ向きばかり描いていて「うわあ……」なんてこともありえます。

 

「顔を描いてみたけれど、何かバランスが違う気がする?」

 

という場合、顔の基本的なバランスを考えられていないことがほとんどです。

 

たとえば顔のパーツの部位の話。

例えば耳の位置などがおかしい場合も良くあるのですが、耳はあごの付け根あたり、目と平行にあります。

もし「えっそうなの?」と思われたら、鏡などで自分の顔をじっと見てみてください。

可愛いイラストやデフォルメイラストでは多少小さく描かれることもありますが、基本的な位置は同じです。もちろん目も並行の位置にあり、首をかしげたり斜めからの顔になっても変わりません。

また右目は右を見ているのに左目は左を見ている……などでは、もちろん違和感が生まれてしまいます。

こうして簡略して描いてみると……正直、ちょっと怖いですよね(笑)。

目と平行してある眉毛もやっぱり、高さが違うと違和感が生まれてしまいます。

また口はあごの上にありますが、横顔や斜め向きの顔になるとずれてしまっていることがあります。

 

この場合忘れているのは、

「顔は球体」ということなんだと私は思います。

 

アタリを取るときも円で描かれますが、顔は基本的に丸い形です。斜め向きの顔の場合、やはり中心線も円に沿って丸くなりますよね。

そして鼻は中心線にそって描くことになりますし、これを考えて描くだけで顔のバランスはあまり悩まずとも大丈夫になると私は思います!

顔を描くときはやっぱり「アタリ」からが基本!

基本的なバランスや配置が分かりましたが、突然真っ白の紙やキャンパスに描きだすとやっぱり描いている部分にのみ目がいってしまい、バランスが崩れてしまうことがあります。

それを防ぐための方法としては、やっぱりアタリになるんですよね。

アタリとは、よく顔を描くときの丸と十字で描かれてあるアレです。

↑アレ

よく見かけると思いますが、基本的にはこのような形ですね!(こんなにきっちりと描くのではなく、フリーハンドでざかざか描くだけで十分です)

 

ポイント: アタリは絵のタイプにもよりますが、基本的には正円ではなく、このように細めに描きます。

 

正円だと顔が大きくなってしまいがちですし、これもまたご自分の顔を確認するとまんまるではないですよね。

横向きやあおり・俯瞰の構図のときは円形ということを忘れないように、ガイドの線を動かしてみましょう。

斜め部分がよく分からないときは、後ろ側の線も薄く描いてみると円形だということが分かりやすくなります。

スポンサーリンク

絵柄やキャラクターの年齢などにもよりますが、基本的に縦が顔の中心線、横が目の位置になります。

実際このアタリで描くかというと絵柄によっても変わっていきますので、基本的な顔のバランスを思い出しつつ自分に合った形に修正していってくださいね!

次から様々な向きを描く場合の個人的なポイントをまとめていますので、ぜひそちらも参考にしてください。

スポンサーリンク

正面から顔を描くときのポイント

正面からの場合、このアタリの上下ひとつずつ、それぞれ真ん中あたりにもう1本線を引いてみましょう。

4つのポイントが出来るので、そこをそれぞれ

  • 頭のてっぺん・前髪の生え際・目、眉のライン・鼻

 

と並べていきます。

実際の目の位置などは絵柄などにもよりますので絶対にこれではありませんが、基本的にこうやってバランスを取っていくと正面の顔は描きやすくなると思います。

耳は最初にお話した通り目とほぼ平行、アゴは口の下になるなどの基本、そして中心線を気をつけていれば個人的には大丈夫だと思うので、あとは練習をこなしましょう!

横向きの顔を描く時のポイント

横向きの顔はどうしてもバランスがくずれてしまいがちですが、基本的なバランスは最初にお話したとおりです。

また、耳は中心線より後ろにあることと、首は中心線と同じようにまっすぐ下につけるのではなく、ななめにつけることを意識しましょう。

ご自分の首を触ってみるとわかりますが、前のほうの首の付け根はあごのした、そして頭の後ろの付け根の位置を比べると、後ろのほうが上になります。

首の位置がどうしても違和感がある場合はここを見過ごしていることが多いと私は思います。

横顔を描くときはもちろん、正面や斜め向きの顔を描くときにも注意してみてくださいね。

その他の顔の書き方のポイント

厳密にいうと「顔」ではありませんが個人的なポイントとして、顔がどうもおかしいというときは髪の毛がおかしくなっていることがあります。

「髪の毛は上から頭のラインに沿って自然に下がっているもの」ということを意識して描けば、その違和感もなくすことが出来ます。

よく言われるのは「ふさっとした毛を貼り付けていく感覚で描こう」という言葉ですね。

頭のラインを無視して横からいきなり生えたりはしていませんので、それを考えていくだけでも違うと思いますよ!

顔に影をつけたいときのポイント

顔は凹凸が多いので影をつけるときにも迷いますが、基本的に光が当たる方向を決め、反対側が影になることを忘れなければ大丈夫だと思います。

部分部分を見て描くとどうしても失敗も増えてしまいますので、私の個人的な方法ですが、最初にばっと暗い部分の影を塗ってしまいます。

その後光の位置を考えながら削ったり足したりする方法だと、全体の雰囲気を見ながら、そして影の位置を確認しながら描けるのでおすすめです!

他にも良い方法はあるかもしれませんが、私はこれで影の違和感をかなり無くすことが出来たのでぜひ一度やってみてくださいね!

まとめ

顔のバランスは一度覚えてしまえば様々な構図も描きやすくなるので、ちょっとずつでも頭と手になじませて自然に描けるようにしていくと、お絵描きはもっと楽しくなります。

身体のバランスなどでもそうなのですが、「自分はデフォルメ絵だから関係ない」と思っていると本当に自分の得意な構図しか描けなくなったり、実際はバランスが崩れているのに気づかないままになってしまいます。

基本を知ってこその応用だと私は思いますので、絵柄に関係なくまずは顔のバランスの基本をきちんと把握しておくことをおすすめします。

顔はやっぱりイラストで最も目を引く魅力的に描きたい部分なので、あとは練習あるのみです。

たくさん描いて、どんどん自分のものにしていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。