絵を描くモチベーション・やる気を上げる方法とコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日楽しくお絵かきができている間は良いのですが、どうしてもやる気が出ない、持続しない……そんなときももちろんありますよね。

いざ「絵を描こう」とパソコンに向かったはずなのに、気がつけば動画をあさって数時間が経ってる、作業用BGMを探そうと思っただけなのに音楽に聞き入っている……こんな経験はしたことがある方が多いと思いますし、私もよくやります。

また最初は楽しくラフ絵を描き線画を作り……と進めていたのに、途中からどうしてもモチベーションが維持できないなんてこともありますよね。

こういった場合にモチベーションを維持する方法や、やる気を出す方法があれば、試してみたくなりませんか?

いくつか知っている方法や体験談などをまとめましたので、参考にしていただければ幸いです!

スポンサーリンク

「やる気には波があるもの」と前向きに捉える

「いきなりモチベーション上げないことを認めてる!?」と思われるかもしれませんが、人間ずっとトップギアで走り続けることは出来ません。

休息もモチベーションを保つためには必要で、「やる気を出したい」という気持ちがあれば別にいいんです。

「やる気を出したい」「モチベーションを維持したい」と思っているのは、当然お絵かきがしたいからですよね。

お絵かきがしたくないのなら、そもそもそんな思考になることもありません。

モチベーションを上げたいと無意識に出来ない自分を追い込んでいるせいで、余計に描けなくなっていることもあります。

ですからどうしてもやる気が出ないという自分を責めるのではなく、「そういうタイミングだって必要」と認めてあげましょう。

体調を確認する

「えっ」と思われるかもしれませんが、案外馬鹿にできない理由がこちらです。

睡眠はきちんと取れているか、昼間の仕事などで疲れ果てていないか、胃腸の調子が悪かったりしないか、また毎日引きこもって運動しない日を送っていないかなどを改めて確認ましょう。

モチベーションの維持は、当然健康状態が悪いと出来ません。

 

肉体的な疲労や不健康は当然モチベーションを下げますし、元からない元気を絞り出してやる気を出すことも難しくなります。無理して作業したら逆に体調不良の次期が長引いてしまった…なんて事だってありえます。

ですから自分の体調や生活を振り返り、睡眠不足など思い当たる点があれば無理せずその日はきちんと休みましょう。

元気がなく無理をしてお絵かきをするよりも、きちんと休んで元気になってからお絵かきをしたほうが例えパソコンに向かう時間が半分になったとしても効率が良いと私は思います。

精神面がモチベーションなどに影響することは分かっても肉体面が影響することには気づかない方も多いですが、身体の健康あってのやる気は大きいことも知っておきたいですね。

それでも絶対に絵を描かなければならない、休めないという場合もせめて10~30分の仮眠を取ってみることをおすすめします!

絵を描き出した頃の気持ちや楽しい記憶を辿る

ここまでは正直やる気を出すための最低ラインでしたので、ここからは体調や波に飲まれたわけではなく、やる気を出したいという方への参考例になります。

どうしてもやる気が出ないときはとりあえずお絵かきソフトを閉じ、今まで描いた絵、好きなイラスト集などを見てみましょう。

最初の頃の絵だともう見るだけで閉じたくなるような恥ずかしさになっているかもしれませんが、その頃描いていた気持ちは「お絵かきが楽しい!」だったと思うんです。

また好きなイラスト集などを開き、はじめてその絵を見たときの感動などを思い出してみましょう。

SNSなどにアップしてコメントなどを頂いている場合は、それを見返すのも良いですね。

「モチベーションが維持できない」という理由は、その後描き続けて増えてきたものが原因であることもあると思います。

 

「何度描いていても理想の絵にならない」

「基本的な練習ばかりでつまらない、自分の好きに描きたい」

 

こういったやる気を下げていた要素も、当時の気持ちと今の気持ちを比べてみたら見えてくると思います。

「過去の絵を見ると恥ずかしい」のは間違いなく上達したからですし、好きな絵を長らく描けてないからストレスが溜まっていたのなら、一度何も考えずに好きな絵を描いてみましょう。

お絵かきは楽しんでするものですから、苦痛になっているのなら息抜きをしたっていいと私は思います。

投稿サイトなどに絵を投稿する

人によっては逆にモチベーションを下げかねない方法ですが、投稿サイトに絵を投稿して反応やコメントをもらえると、モチベーションややる気は一瞬で復活します。

スポンサーリンク

「自分の絵を誰かが見てくれてる」ことが大切です。

 

「いきなり投稿はハードルが高い」という場合は友人などに見てもらって感想をもらうのも良いですね。

自分だけではなく他人に見てもらうことが前提になると、もちろん「それだけ整った、きちんと描いた絵でないといけない」という意識にもなりますので、絵の上達も早くなります。

「人に見てもらう前提で絵を描く」のは上達する条件としてもかなり上位にあると私は思っています。

とはいえ逆に投稿サイトなどの場合「誰にも見てもらえなかった」「評価してもらえなかった」など、逆に落ち込んでしまう可能性もあります。

こういった場合にも「次こそは!」という精神があれば一番ですし、「上手になってから投稿しよう」などと思っていてはいつまでも出せなくなるとは思います。

しかし落ち込みすぎて絵を描くこと自体が嫌いになってしまっては意味がありませんし、こればかりはご自分の性格と相談してみましょう、となってしまいますね……。

目標を設定する

最もモチベーションを上げる方法としては間違いなくこれだと私は思います。

毎日ただ絵を描くのではなく、大雑把でも良いので目標を設定してそれをクリアしていくことがモチベーションややる気の維持に繋がります。

例えば

  • 毎日一枚は何でもいいから絵を描く
  • ポーズ練習を毎日5枚やる
  • 1週間以内にこの絵を完成させる

など、

「自分ができる範囲」(ここがすごく重要です)で目標を設定しましょう。

自分が出来ない範囲を目指そうとするのはモチベーション維持の目標にはなりませんので、それとは別にこういった「出来る目標」を設定します。

「投稿サイトに投稿する」「○月までに同人誌を一冊描く」などでも良いですね。

こういった到達できる目標があるとそのために頑張れますので、モチベーションの維持もしやすくなります。

忙しい方は「月に一枚」など自分のペースに合わせ、つらい日や疲れた日は無理をせず休むことも必要ですが、それでも自然と残りの作業量と日数を考え「○日までにここまでやれば出来る」など手近な目標も設定出来るようになります。

よくある「締切があると頑張れる」に近いものがありますね(笑)。

その他やる気やモチベーションを上げる方法

最後に、完全に私個人のモチベーションの上げ方ですがお話します。

誰にも使えるものかは分かりませんが、ヒントになれば幸いです!

「どうしてもやる気が出ないけれどこの絵は絶対に描かなければならない」「締切が近い」などと言う場合、誘える友人などがいればSkypeなどのツールを使って会話をしながらお絵かきしてみることもおすすめです。

 

一人だとモチベーションが持たずつい席を立つことが増えてしまう場合も、他人と通話していると自然と座る時間が増え、会話しながら進めることが出来ます。

ハングアウトなど作業画面を共有しながら通話が出来るものだと、さぼって動画など見ていたらすぐにバレます(笑)。

家庭環境などももちろんありますので誰にでも出来る方法ではありませんが、出来る方は一度試してみてはいかがでしょうか。

またちょっとでも締め切りなどに余裕がある場合は、逆に思い切ってパソコンを切ってしまうこともあります。

そのまま漫画やイラスト集など好きなもの、またゲームなどを満喫してきます。

モチベーションのためにはこういった「外部からの補充」も絶対に必要だと思いますので、今日やらなくて良くてどうしてもやる気が出ないなら、一度完全にやめてしまうのもありです。

楽しんでストレスも解消したら、また自然と「絵が描きたい」という気持ちが戻ってきますよ!

まとめ

様々な方向からモチベーションを上げる方法をお話してきましたが、体調は本当に重要なので軽く見ず、また日頃から体調管理も気をつけることが大切です。

それと合わせて「パソコンに向かったら自然とペンを持つ」スタイルなどを作っておくこともモチベーションの維持になると思います。

私は常に利き手側にペンを置き、パソコンの前に座ったら自然と手に持つようにしています。

またすぐ隣にポーズ集やイラスト系の資料、イラスト集などを置いて目に入るようにもしてます。

こうすることによって自然と「絵を描こう」と思えるようになりましたので、机周りが可能であればこれもおすすめです!

モチベーションの上げ方は人それぞれの部分もあると思いますが、「楽しくお絵描きする」ということを忘れずにいれば大丈夫だと思いますよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。