ペンタブの保護シートのオススメは?紙や百均で代用する方法や自作法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペンタブはそのまま使っている方も多いですが、「ツルツルした板が描きにくい!」などがある場合、保護シートを使うという選択肢もあります。

ペンタブの描く部分の上に貼り付けたりして使いますが、この「上に貼れるもの」って、実は結構幅が広いんですね。

公式の保護シートというか張り替え用のシートもあるのですが、保護シートを自作したり紙などを使ったり、他のもので代用することも可能です。

ペンタブの描き心地にも関わるのでこだわっている方も多く、どういった保護シートがおすすめなのか気になる方も多いと思います。

今回は私の知っている方法や実際にやった方法などを中心に、保護シートのおすすめや紙の種類などもお話していきますね!

スポンサーリンク

保護シートおすすめ1:紙

最もコストパフォーマンスが良く、おそらく最も使われている保護シートは「コピー用紙」です。

(↓参考商品)

方法はコピー用紙を入力範囲の大きさ、もしくはちょっと広めに切り取ってテープなどを使って貼り付けるだけという簡単作業です。

コスパという面では最強のコピー用紙ですが紙自体が薄く柔らかいため、こまめに貼り直しが必要というデメリットもあります。

私も何度かコピー用紙は使ったのですが、いずれもすぐにヨレて使えなくなってしまい、貼り直す手間を面倒だと思ってしまう方には向いていないかもしれません。

またこういった場合、漫画用原稿用紙(もしくは百均などのケント紙)を使う方法もあります。

多少厚みが生まれますし、何よりもアナログで描いてきた方にとってはもっとも慣れ親しんだ紙質ですよね。

紙は描き心地にも関わってきますので、もしスケッチブックなどの紙質が一番描きやすい場合はスケッチブックなどの紙でも良いと思います。

コピー用紙よりはマシですがやはり紙なのである程度使ったら貼り替えは必要ですが、特にアナログから移行してきた方にはおすすめです!

保護シートおすすめ2:樹脂素材などのシート

紙ではなくツルツルの素材がいいという方、また紙ではあまりに貼り替えの手間が多く面倒だという方には樹脂素材などのシートをおすすめします。

(↓参考商品)

絵を描き出したのはペンタブからという方にとっては、こちらのほうがペンタブの雰囲気も近くて使えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

素材や描き心地は様々ですが、デスクマット(学習机に敷いていた中にプリントなどが挟めるタイプ)や百均などで販売されている粘土板、またプラバンなども使えるそうです。

(私はペンタブのツルツルに苦手意識があったので紙ばかり使い、こういったシートはほとんど試してません、すみません!)

ペンタブからはじめたという方やツルツルのシートが描きやすいという方はこういったシートを使っていることも多いです。

また描き味も「自分の好みに合わせた素材を探せる」という意味で便利ということなので、しっかりしたシートを安く手に入れたいという方はぜひこういった方法も試してみてくださいね。

保護シートおすすめ3:ペンタブ専用のシート

例えばワコムの場合、貼り替え用のオーバーレイシートも公式で販売されています。

(↓参考商品)

例えばこういった、描画部分にしっかり合わせられたサイズで貼り替えられるものになるので当然バランスもよく、便利です。

もし今まで保護シートなどを使ってなく、同じような描き心地が欲しい場合は特に、「新品の描き心地になった!」と言われるくらい安定して使えるおすすめシートです。

私は長らく保護シートを使わず使ってきましたので、やっぱり表面には大分傷が入っていて、たまにひっかかることも起こるようになってしまっていました。

ここまでなってしまったら一度きれいにしようと購入しましたが、「本来の描き心地はここまで良かったのか」と思わず思ったくらい一気に改善されました。

とはいえ紙や百均、ホームセンターなどで買えるシート類と比べるとやはりお値段も高く、アマゾンなどで購入しても1000円から3000円程度はかかります。

たまに思い切る程度にして、普段は紙など安い保護シートを使っていくのも良い手段かもしれませんね。

スポンサーリンク

保護シート:その他

私が一時使っていた方法ですが、薄手のマウスパッドなどを流用する方法もあります。

ちょうど薄いざらざらしたタイプのマウスパッドだったので描き心地も良く、また薄いので段差も気にせず扱うことが出来ました。

机に貼り付くタイプを使っていたので紙などと違い、テープを使う必要がなかったのが個人的には一番のメリットでした。

(テープなどを使っていくとどうしてもベタベタ感が残ってしまい、私はそれが嫌だったので……)

ペンタブはかなりの厚みがあってもペン先を認識してくれますので、段差が気にならなければ保護シートで使える範囲は広いです。

ですから実際に、ご自分のペンタブで様々なシートを試してみてみるのが一番だと思います!

(私はIntuos4使用ですが、指先程度の厚みなら感知していました)

感知する範囲であればなんでも使えますが、やはり厚みがあるとほんの僅かな入力速度の違いなどが気になる場合はもちろんあります。

まずは自宅にあるもので試してみて、それから大きさなどを合わせたシートを探すのが一番だと私は思います!

まとめ

私が今まで使った公式以外の保護シートはコピー用紙、漫画用原稿用紙、そしてマウスパッドですが、この中で一番使い心地が良かったのはマウスパッドでした。

コピー用紙は描き心地はとても良いのですがやはりヨレやすく、出来るだけ丁寧に使ってもすぐに交換することになります。

ペンタブの大きさや筆圧などにもよると思いますが、描く量の多い方や筆圧の強い方にはあまりおすすめできないかもしれません。

(私もそれで諦めて違う方法を探し、マウスパッドを見つけたという状態でした)

ペンタブの保護シートはいろいろなものを使っていらっしゃる方も多いですが、何よりも感知する範囲で自分が描きやすい素材を見つけることが一番だと思います。

ぜひ身近なものからいろいろ試してみて、お好みの素材を見つけてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。