ペンタブレットの反応が悪い・無い場合の原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペンタブを繋いで絵を描ける状態にしていても、ふとしたタイミングでペンタブの反応が悪い、また全く反応がなくなるみたいなことがよくあります。

個人的に一番良くある、そして困るパターンとしては「筆圧感知が消える」ことですね。

ペンタブ自体は反応しているものの筆圧感知が全くなくなり、いきなり太くてガタガタした線が表示されたりすることがあります。

もちろんこれではお絵かき出来ませんし、このままでは困りますよね。

ペンタブの反応が悪い、またなくなってしまった場合はどんな原因があるのか、またどうやって対処すれば良いのかをまとめておきますので、困ったときはぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

何はともあれ最初に確認すること

まず最初に、特にペンタブが全く反応しなくなった場合はペンタブの電源がしっかりオンになっているか確認しましょう。

 

オンになっていた場合も、

「パソコンと繋げているコードがしっかり繋がっているか?」

を確認します。

 

ペンタブ側のコネクタが外れるようになっているのならもちろんその部分、そしてパソコンの背面に繋いでいるならそちらも確認してみてください。

ポイント: もし繋がっている場合も緩んでいる可能性がありますので、一度しっかり挿し込み直しましょう。

 

またUSBポートの不具合の可能性もありますので、違うポートに挿してみると直る可能性もあります。

実はこれらの方法で簡単に直ることも結構あるので、覚えておくと楽ですね。

また、ソフトの動作が不安定になっていてペンタブの反応が悪くなっている可能性もあります。

一度ソフトを終了し、立ち上げ直したらけろっと動くこともあります。

なので、こちらも最初に試してみましょう。

接続・パソコンに認識されているかを確認する

最初の方法で直れば簡単なのですが、それでも治っていない場合はちょっと手間が必要になります。

パソコンやOSがうまく動いておらず認識できていない可能性もありますので、パソコンを再起動してみるのも実は早い手段だったりもします。

 

私は不具合があって挿し込み直しなどで直らなかったら場合、

とりあえず再起動して試してましょう。

 

最もよくある「筆圧感知が反応しなくなった」場合は、ペンタブのサービス関連が不安定になっている可能性も高いので、まずはそれをチェックしましょう。

 

まず最初にお絵かきしているソフトなどを終了し、ペンタブも一旦コードを抜いておきます。

そしてタスクマネージャーを起動し、Wacomの場合は「TabletServiceWacom」もしくは「Wacom Professional Service」というペンタブのサービスを一旦停止します。

その後もう一度開始し、ペンタブを接続し直しましょう!

ドライバを確認してみる

それでも動かない場合は、ペンタブを動かすためのドライバに不具合があることを疑ったほうが良いかもしれません。

 

注意: そういった場合は一度ペンタブのドライバをアンインストールし、再度インストールし直す必要が出てきます。

 

 

パソコンは、「正常です」と出ているものの、実際はエラーを認識できてない、というイレギュラーなケースも多数存在します。

スポンサーリンク

なので、

そもそも「正常に動作しています」と表示が出ていてもうまく動いていない場合もありますし、またドライバのアップデートがある場合もありますのでまずはそちらも確認してみてくださいね。

 

また私の経験なんですが…。

ペンタブが動かないと思っていたらドライバが一切消えていた、なんてこともありました。

びっくりしますが落ち着いて再起動すれば直っていることもあります。

ドライバが確認出来ない場合はとりあえず一旦パソコンを再起動してみることをおすすめします。

 

ペンタブのサービスもドライバもですが、それまで何の問題もなく動いていたのがふっと消えたりするので、「基本的に不安定なものであり再起動で直る可能性がある」と思っておいたほうが気分的にも楽になりますよ!

再起動してもドライバが消えたままなら、残念ながら諦めて最新ドライバをインストールしましょう。

最後に、それでも「どうも筆圧感知がうまくいかない」という場合の対処法ですが、ペンタブ設定の「筆圧レベルの互換性」というチェック項目を外すことにより改善する場合もあります。

その他の理由によるものの場合

ペンタブはサービスなどが結構不安定なので、筆圧感知が効かなくなることやペンタブが反応しなくなることは残念ながら割と多くあります。

使っていくうちに対策も自然と身についてくると思いますが、そもそもサービスやドライバ、またパソコンとの接続が原因ではない場合ももちろんあります。

例えばペンタブの上に思いっきり飲み物をこぼしてしまったり、持ち運びの最中に水没させてしまったりですね。

そう簡単にあることではないですが、こういった場合に動かない場合の対処法も知っておくといざというときに便利です。

 

こんな時、どうすればいいか?

 

まず最初に、何はともあれすぐに電源を抜いてください。

濡れている状態で電源を入れてショートしてしまうと、それこそ完全にペンタブが壊れてしまいます。

 

傾けたりもせず出来る範囲で水分を拭き取り、それ以降は完全に乾燥するまで絶対に電源を入れず待ちます。

(ちなみに乾燥させる場合、冷蔵庫などに入れておくと楽にしっかり乾かすことが出来ますよ!)

最低3日程置き、完全に乾燥させたら再度パソコンに繋いで電源を入れてみましょう。

ちなみに冷蔵庫で乾燥させる方法は割と広い範囲で使えるので(携帯電話を昔この方法で直しました)、覚えておくと便利です(笑)。

完全に乾燥させたら直ることも多いので、もし水浸しになっても諦めず、一度こういった手を試してみてくださいね!

まとめ

ペンタブの不具合は何度かお話していますが、残念なことに本当に多いです。

何度も繰り返して「ああ、またかー」と思えるくらいありますので、もういっそ対処方法を把握し慣れておいたほうが気分的にも楽なんですね……。

今回お話した方法のどれかでほぼ確実に対処出来ると思います。

いきなりペンタブの動作がおかしくなった場合も慌てず、冷静に対処していきましょう!

 

同じようなパソコンスペックで同じペンタブを使っていても不具合が出やすい方・出にくい方もいます。

また個人的な感覚ですが、SAIは筆圧感知が突然使えなくなることが本当に多いです。

ソフトの再起動、またはパソコンの再起動で直ることがほとんどなので、もういっそコーヒータイムが出来たと思ってデータを保存し、ぱぱっと再起動してしまうのもありですね(笑)。

ペンタブで困ったときはぜひこの記事を思い出して、再度確認してみてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。