クリップスタジオ(クリスタ)の評判と実際に使ってみた感想・レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お絵描きソフトとして不動の地位にある「クリップスタジオ」ですが、有料ソフトということでやはり購入を躊躇っている方も多いと思います。

クリップスタジオはPROダウンロード版が5000円、漫画機能などが強化されたEX版が23000円(共に税込)なので特にEX版は決して安いものではなく、迷うのも当然ですよね。

プロの方も多く使っているソフトですが、有料なので評判はやっぱり気になるポイントでもあるでしょう。

そんなクリップスタジオの評判を、そして実際私が使ってみたときに思った感想などをまとめています。

初めて触ってみた感想を中心にお話していきますので、クリップスタジオを買おうか迷われている方はぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

クリップスタジオの評価はどうなの?

クリップスタジオはイラストスタジオ・コミックスタジオを持っていた場合は無償、もしくは特別価格で購入が可能です。

新規に購入する場合も、PRO版ダウンロードなら5000円と、有料ソフトの中でも絵描きの間でよく使われていた「SAI」と同価格で販売されました。

ペンの種類、素材の多さなどが同価格帯ではありえないと思っていた程のレベルで高いです。

漫画作成ツールも驚くほどあります。

 

また、「完全ゼロからのスタート」であれば使いやすいという意見もありました。

イラスタ・コミスタからの移行者からは「便利で使っていた機能が使えなくなった」(主にコミスタを使っていた方)とも言われ販売当初は不評もあったのですが、初めて触る場合はまずそのアナログに近い描き心地や素材の多さもあり、「使いやすい」という評価が散見されます。

なので、

当たり前かもですが、他のソフトに慣れていると逆に使いづらいという現象が起こっている、というわけですね。

お得な「バリュー版」や「スマート版」もオススメ!

またクリップスタジオにはバリュー版もあり、こちらは毎月無理のない一定金額を払い続け、それが終われば通常版と同様、無期限で使えるようになっています。

また、「スマート版」という一ヶ月単位で支払えばその期間内だけ使えるものもあり、状況に応じて必要な期間だけ使うという使い方も可能なんですね。

このように様々な使い方に対応、その多機能さ、個人の使い方に合わせられるカスタマイズの広さでユーザー数を一気に増やし、また「普段は慣れたソフトで描くけれど特定の機能を使うときはクリスタを使う」など、使い分けている方も多くいます。

クリップスタジオの

難点としては「動作が重い」というものがあり、重いデータを扱っていると突然動かなくなったという話もよく聞きます。

とはいえ、起動はそれなりに時間がかかるものの印刷用の原稿を並べても落ちることはそうそうありません。

 

無料ソフトで言えば「GIMP」のような感じだと思ってもらえればイメージしやすいでしょう。

 

基本的には、パソコンが推奨スペックを満たしているのであればさほど気にしなくても大丈夫だと思います!

むろんお仕事で使うつもりであれば、パソコンのメモリ増設・買い替えなども視野にいれるべきでしょう。

スポンサーリンク

クリップスタジオを実際に使ってみた私の感想・レビュー

一般的な評価は先程まとめた通りですが、ここからは私が実際に使ってみたときに思った感想などをお話します。

 

注意: 使っているのはPRO版なので、EX版とは少し違う部分もあるかもしれませんがご了承ください。

 

私は元々SAIを長年使用しそれからクリスタに移行したので、同じ状況の方にとっても参考になればと思います!

感想1「機能が多い」

正直に言うと、あまりの機能の多さにしばらくクリスタを触らなくなるレベルでした。
SAIはシンプルに描けるソフトだったので、クリスタの機能の多さ、ペンの種類などの違いに驚き、「慣れたソフトのほうがいい」と思ったんですね。
しかし空き時間に少しずつ自分で触ってみて少しずつ機能を覚えてくると、今度は「こんなに便利な機能があるんだ!」の繰り返しでした。
漫画を描くならEX版、と言われていますし実際に漫画を描く、特に同人誌などを描く場合は欲しい機能が多いのですが、PRO版でもコマ割り・集中線・トーン化機能など、十分に漫画が描ける機能が揃っています。
「EX版は高いからちょっと引く」という方は、とりあえずPRO版を使い慣れてみるのもありではないでしょうか。
個人的にクリスタでおすすめしたいのは「線画」部分です。
ベクターレイヤーを使った線画作成は消しゴム機能の優秀さ、SAIとは違い様々なペンを使えることなど、便利さが全く違います。
「機能が多く最初から把握はしきれないけれど、少しずつ覚えていくとその便利さに感動できる」のがクリスタの機能だと思います!

感想2「画面や機能のカスタマイズの幅が広い」

ただでさえ機能が多いのに更に混乱してしまう部分でもあり、また便利な部分でもあります。
クリスタは画面のワークスペースをかなり自由に動かせるので、私はまず最初に自分が使い慣れたSAIと似たような配置に整えました。

これだけでも操作しやすく、クリスタが触りやすくなります。

またこのワークスペースを記録すれば、変更しても呼び出すだけで即座に同じ配置にしてくれます。複数人数でクリスタを触るような状況でも個人個人に合わせられ、便利ですね。

背景の色をこのように暗く出来るのですが、SAIなどの真っ白い画面に慣れていた当初は落ち着きませんでしたが慣れると目に優しく、長時間の作業もしやすくなります。

カスタマイズは画面構成だけではなく、ペンなどのカスタマイズもかなり幅広く変更することが出来ます。

個人的にSAIからクリスタに移行した場合に一番引っかかる部分は「ペンの描き心地」だと思っているのですが、これもペン設定を自分でカスタマイズすることによりSAIと似たような、また自分の使いやすい描き心地に設定することが可能です。

ブラシサイズの筆圧設定などを操作して、ぜひ自分に一番合ったペンを作ってみてくださいね!
(私は画像のように変更し、かなり使いやすく動かせるようになりました)

感想3「すぐに使える素材が多く、探すのも簡単」

クリップスタジオを起動すると、ソフト一覧の下に「素材をさがす」というサービスが見つかります。

そこをクリックするとものすごい数の素材の一覧が表示され、また驚くことになります。

この素材は公式のものや企業のもの、そして投稿されたものなどがあり、「無料」「CP」「G」という表示に合わせて支払うことによりダウンロードし、使用が可能になります。

無料のものはもちろんそのままダウンロードすればクリスタのダウンロードリストに表示され、使えます。

「CP」は「CLIPPY(クリッピー)」のことで、「創作応援サイトCLIPSTUDIO」で残高など記されたCLIPPY通帳を確認することが出来ます。

CLIPPYは素材の投稿などで貰うことができ、また「GOLD会員」になることでももらうことが出来ます。
GOLD会員とは毎月定額を払うことにより、「G」=「GOLD」が使え、そして毎月CLIPPYポイントがプレゼントされます。

CLIPPYポイントは一般の場合有効期限がありますが、GOLD会員になればその期限もなくなり、いつのまにかなくなっていたということもなくなります。

「G」で表示されている素材はこの会員になることによってもらえる「GOLD」、また別にGOLDを公式サイトで購入することで、購入することが出来ます。

素材がたくさんあってどれが良いのか迷った場合はランキング形式で表示して検索できますし、個別タグ検索で自分が欲しい素材を探すことも可能でしょう。

本当にたくさんありますが便利なものも多いので、ぜひランキングなどから検索して自分が使えそうな素材も使ってみてくださいね!

感想4「重い」

良い感想ばかり並べてきたので、最後にちょっと難点についても触れておきます。

SAIが特に軽いソフトであることは間違いないのですが、やはりクリップスタジオは起動時間、そしてメモリの消費量などが大きく、ある程度のパソコンスペックはあったほうが良いと思います。

私もどうしても動作が重いタイミングがある(特に保存時)のが気になってメモリを増設し、快適な環境を確保しました。

とはいえ例えばフォトショップなどと比べると「時間がかかる」というほどのものではありませんし、起動さえしてしまえば特定の動作(保存やフィルターなど)を行わない限りはそこまで動作の遅さを感じることもありません。

「サクサク動いていたのに突然落ちた」というのもよく聞きますが、私はメモリ増設前に一度経験した限りなので、よほどギリギリのスペックで動かしてない限りは大丈夫ではないでしょうか。

まとめ

クリップスタジオは不評部分もあるものの評価は高く、「機能も十分、慣れていけば自分の思い通りにお絵描きが出来るソフト」だと思います。

私も少しずつ慣れて使えるようになりましたし、「こんな使い方が出来るのか!」と言った驚きもいまだあります。

質感を求める方や加工を求める方は物足りないと思うこともあるようですが、ソフト一本で何でも出来る、慣れれば使いやすいソフトとして、クリップスタジオはやはり人気があるだけの能力を持っています。

また、30日間の無料体験版もあり、こちらは全ての機能を試すことが出来ます。

興味を持たれた方は一度こちらで試してみるのも良いと思いますので、ぜひ一度クリップスタジオを体験してみてくださいね!

クリップスタジオの公式サイトはこちら → CLIP STUDIO PAINT PRO

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。