コミックシティ東京140の日程と配置図・パンフレット入手法とジャンルまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月にもなると夏コミが近づき、そちらを楽しみにしている方もいらっしゃるかもしれませんが、その前に「コミックシティ東京140」が開催されることをご存知でしょうか。

募集スペースは9000ですので、コミケに比べると「規模が小さい」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしコミックシティは女性向けに強いイベントであり、コミックシティ東京140も決して見逃して良い規模のイベントではないんですね。

東京ビッグサイトで開催されるコミックシティとしては春の春コミやスパコミ、秋のスパークが有名ですが、コミックシティもイベント規模としては大きく、十分楽しめる場所となっています。

当日心残り無く回るためにも、ぜひ事前に日程や配置図・パンフレットの入手法などを調べておきましょう!

スポンサーリンク

コミックシティ東京140の日程

まず最初に、最もチェックしておきたい日程や時間、行き方などについての情報です!

入場方式は無料ですので、パンフレットは購入希望者のみの販売となります。

東京ビッグサイトには駐車場もありますがサークル関係者の方優先などのため、一般参加の方は車やバイクで向かうことは止めておきましょう。

また小学生以下のお子様は入場禁止ですので(年齢確認があります)、お子様と一緒に行くことも出来ません。

電車で向かう場合は国際展示場駅、もしくは国際展示場正門駅などから徒歩になります(国際展示場駅が一番近いです)。

 

アクセス方法についての詳細は、東京ビッグサイトの公式サイトのアクセスページをご確認いただくのが確実だと思います。

コミックシティは規模も大きいですので当日の人の流れなども目立ち辿り着ける場合もありますが、やはり事前に確認しておいたほうが安心ですね!

パンフレット入手法

コミックシティのパンフレットは前売りで公式サイトやアニメイトにて販売されていることもありますが、次回コミックシティ東京140では事前販売の予定はありません。

ですからパンフレットが欲しい場合は、会場に行ってからパンフレット売り場で購入することもあります。

 

コミックシティ東京140はパンフレットもしくは入場券を購入するパターンではなく入場は完全無料です。

他の赤ブーブー社のイベントではよくある、入場券を兼ねた有料パンフの配布ではないので、パンフレットが欲しい場合のみ入手すれば良いことも注意しておきましょう!

 

事前に見れない、パンフレットでの確認が出来ないと当日が不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

もちろんチェックする方法はありますので、次の項目も続けて確認していただければと思います。

スポンサーリンク

配置図やサークルチェック確認など

パンフレットが事前に入手出来ないと「事前に会場の回り方も決められない」と不安に思われているかもしれませんが、大丈夫です。

コミックシティは電子カタログ「NAVIO(ナビオ)」を使って事前にサークルカットや配置図をチェックすることが可能です。

高度な機能を使いたい場合は有料となりますが基本的には無料、登録も不要でチェックすることが出来ますので、ぜひこちらを有効活用していただければと思います。

もちろんジャンルや同時併催のオンリーイベントなどもチェック出来ますので、事前にパンフレットを購入出来ないイベントの場合はこちらでチェックしておきましょう!

お好きなサークルさんがある場合、pixivなどで事前に告知してもらえていることもありますので、できるだけ事前に情報を集めておくと当日も楽になりますよ。

まとめ

コミケやスパコミを見ているとどうしても規模も小さく感じてしまいますが、それでも他の会社のイベントなどと比べると圧倒的に大きなイベントですよね!

もちろんサークルさんも事前の準備を進めて当日を迎えられますので、一般参加の場合もNAVIOなどをチェックし、欲しいサークルさんの新刊や参加の有無をチェックしておきましょう。

比較的規模が小さいということは、逆に言うとお目当てのサークルさんだけではなく、また新しく気になるサークルさんをチェックする機会でもあります。

オンリーイベントもたくさん併催されていますので、ちょっと気になるジャンルのオンリーを覗いてみるのも楽しそうですよね。

行き方や参加方法、そしてサークルチェックなども事前にきちんとやっておいて、当日は満足するまで楽しめるようにしておきましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。