【デジタルイラスト】作業環境の準備&あると便利な効率化・便利グッズまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンでデジタルイラストを始めようとしても「一体何を用意すればいいのか」「どんなものがあれば便利なのかなどが分からない」ということもありますよね。

パソコンについても今使っているもので良いのか、もっとスペックの良いパソコンを購入したほうが良いのかなど迷うこともあると思います。

またもちろん、必要最低限の環境は整っていても「もっと効率よくお絵かきが出来るグッズなどがあれば試してみたい」と思っていらっしゃるかもしれません。

今回はそういった「パソコンで絵を描く際にあれば効率よく便利になるグッズ」「揃えておきたいグッズ」についてまとめていきます。

スポンサーリンク

パソコン環境について

デジタルでイラストを描くのですから、何はともあれパソコンは絶対に必要になります(タブレットで始める方もいらっしゃるかもしれませんが)。

今はそれぞれパソコンをお持ちの方も多いと思いますが、「今あるパソコンでいけるかどうか」というのも気になると思いますので、まずはここからお話します。

ポイント: お話するのは初めてデジタルイラストを描いてみようという方、またちょっと描き慣れてきたけれど便利なグッズはないのかと考えている初心者さん向けの内容になります。

 

パソコンの環境については、

結論から言うと「パソコンスペック・使用ソフト次第」だと私は思います。

例えばクリップスタジオペイントなどマシンスペックを必要とするソフトを使いたい場合は、やはり見合ったスペックのパソコンが必要になります。

 

逆に軽量をうたっている無料ソフトなどでしたら、よほど古いパソコンを使い続けている場合でもない限り、まずスペックが足りないということはないと思われます。

ですからまず使ってみたいお絵かきソフトの推奨スペックを調べ、自分のパソコンと比べてみましょう。

この時最低スペックで見ると絶対に重いデータなどを扱った際にストレスもためてしまいますので、見るべきは「推奨スペック」でしょう。

 

逆に自分のマシンスペックに合わせ、

動くお絵かきソフト探してみるのも良いと思います。

 

ソフトにこだわりがある場合は別ですが、基本的には使うソフトに慣れていくのであまりこだわらず、自分のパソコンで動くソフトを探してみるのもありだと私は思いますよ!

ペンタブについて

ペンタブはもしどうしても余裕がない場合はあるいは後回しでも良いかもしれませんが、個人的には必須だと思います。

マウスの線は筆圧もなくどうしてもガタガタのラインになってしまい、思ったようなお絵かきが出来ません。指もかなり疲れますし、何より時間がもったいないです。

ペンタブを使うとアナログで描いている感覚そのままでデジタルイラストが描けますので、出来ればペンタブは用意してからはじめましょう。

とはいえ、

数万もするような高性能・大きなサイズのペンタブを最初から選ぶ必要は決してありません。

安いペンタブなら数千円程度で売られていますので、まずはこちらを使ったり、知り合いがもう使わなくなったペンタブなどを持っていた場合はそれを譲ってもらって使い始めても十分だと思いますよ!

ディスプレイについて

パソコンは今あるものでもほぼ大丈夫だと思いますが、ディスプレイが明らかに古い、小さなものを使っている場合は、ディスプレイだけでも買い替えたほうが良いかもしれません。

(急ぐものではありませんので、「ある程度揃ったら…」ぐらいのレベルでも大丈夫です!)

やはり小さなディスプレイ、古いディスプレイは表示出来る画像の大きさにも違いがありますし、色の表現も違ったものになっている可能性があります。

また今はほとんどの方がワイドサイズを使っていらっしゃると思いますが、もしこれも小さなディスプレイを使っている場合はワイドに切り替えることをおすすめします。

 

理由は表示画面の広さはもちろん、お絵かきは様々な資料も並べながら行うことが多くなるからですね。

ワイドであれば資料を見ながら描くこともしやすくなります。

急ぐ必要はありませんが小さなディスプレイ、古いディスプレイを使っている場合は考えておいてくださいね!

お絵かきソフトについて

まれにですが「デジタルイラストをはじめてみた!」と言ってWindowsに付属してあるペイントなどでお絵かきをしている方もいらっしゃるので……この項目も入れておきます。

ペイントは確かに「描くこと」は不可能ではありませんが、デジタルイラストを描きたい場合には絶対に向いていません。

 

パソコンの関連記事でもお話しているのですが、

今は無料のお絵描きソフトもたくさんあります。
(もちろん有料には有料特有のすばらしい機能があります)

関連記事: お絵描きソフトの選び方!無料と有料はどちらがオススメ?

 

パソコンスペックも高いものを必要としているものは無料ですとあまりありませんので、ぜひお絵描きソフトを導入することをおすすめします。

有名なところでは

  • 「メディバンペイント」
  • 「ファイアアルパカ」
  • 「アズペインター」

などがあります。

いずれも無料で使えますし、もしペイントで頑張っていらっしゃる方がいたら、あまりの違いに驚かれると思います。

初心者さんの段階で有料ソフトに手を出す必要はないと私は思っていますので、まずはこういった無料ソフトに慣れてから考えてみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

慣れると超便利!左手用デバイスについて

お絵かきに便利なグッズとして調べていると、たまに「左手用デバイス」などを見かけることはないでしょうか。

例えばこういったものになります。

ゲームなどで使われることの多い左手用デバイスですが、ショートカットを多用することも多いデジタルイラスト作業にも使うことが出来ます。

普段ショートカットはキーボードで打つと思うのですが、これをあらかじめこういったデバイスに登録しておき、左手でかんたんに操作してショートカットを使えるようにするグッズです。

設定方法はデバイスによるので購入後に説明書をしっかり読んでいただくしかありませんが、こういったグッズを使ってイラスト作業を効率よくすることも可能です。

また知り合いの中ではこういった専用デバイスではなく、PS2などのゲームコントローラーをデバイス代わりに使っている方もいます。

USBコンバータが必要になる場合もありますが、日頃からゲームを楽しんでいた方は馴染みやすいゲームコントローラーを使うことでより効率よくお絵かきができるようになるそうです。

(私は試してません、すみません!)

またクリップスタジオペイントなどを使っている方は、ソフトのメーカーであるセルシスが次のような専用のコントローラーを作っています。

こちらも同じように登録して使うのですが、何よりものメリットとして左手用デバイスと違いコンパクトサイズなので「コントローラーを持ったまま、あまり使わないショートカットなどはキーボードを使うことも可能」ということです。

また左右問わないのも、左利きにとっては嬉しいですよね!

ちなみに私は左利きで、左手にペン、右手にマウスという操作方法を行っている上ショートカットをあまり使わないので、どこまで効率が上がるかはちょっと自分の経験では分かりません。

しかしゲームコントローラーを使っている方も含めこういった便利ツールを使ってみた方はほぼ確実に「もう手放せなくなった!」と言っているので、確実に効率は上がるのではないかと思います!

まとめ

最後の左手用デバイスは初心者さんが見てもおそらく何が便利なのかよくわからないと思います。

多少デジタルイラストに触れ、ショートカットを使い始めた方はその便利さもお分かりになるのではないでしょうか。

このようにどれだけ便利と言われても自分が実感できないものは、特に急いで用意するものではないと思います。

「自分が便利だと思った、効率が良いんじゃないか」と思ったときに初めて購入を考えてみる」、これで十分だと思います!

(私はその結果、いまだに導入していないわけですが……こういう人物もいますということで(笑))

ペンタブに関してはやっぱりデジタルイラストにはおすすめしておきたいので、まずはペンタブから揃えてみることを私はおすすめします!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。