イラストを描く時の解像度は?キャンバスサイズの決め方も目的別で紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルでイラストを描く場合、「アナログと違ってキャンバスサイズがよく分からない」となることも多いですよね。

mm表示やpixel表示だけでも混乱しますが、それだけではなく解像度も決めなければならないので、初心者さんの場合はとくに戸惑ってしまいやすい部分です。

キャンバスサイズはその絵の目的に沿って決めることになりますので、まずは目的をはっきりさせましょう。

  • 「pixivなどへ投稿する」
  • 「印刷物を作りたい」
  • 「自分用のらくがき」

などなど様々な目的があると思いますので、それに合わせた私なりの決め方を紹介していきますね!

スポンサーリンク

キャンバスサイズと解像度について知っておこう

まずはじめに、キャンバスサイズについての紹介です。

サイズを決める前に、「そもそもキャンバスサイズや解像度ってなに?」では分かりにくくなってしまうと思いますので、まずは簡単にこの辺りもまとめておきましょう!

「解像度」って何のこと?

お絵描き初心者さんにとってはいきなり出てくる言葉です。

ハッキリ言って聞き慣れない言葉ですので、つい戸惑っていまいますよね。

とはいえ難しく考える必要はありません。これは「絵の密度」と考えてもらえば良いと思います。

パソコン上の画像は全て「ドット」という点の集まりで、解像度とは「1インチの中にドットがいくつ入っているか」というものを表す単位なのです。

解像度のところを見ると「dpi」という単位が見えると思いますが、これが72なら1インチの縦横それぞれに72個のドット、300ならそれぞれ300のドットが集まっているということになります。

解像度が低いと拡大した際にぼやけたりカクカクした線になり、解像度が高いと拡大してもしっかり表示されます。

例えばこのような感じで、絵の一部を拡大するとぼやけたりカクカクした線になってしまうんですね。

キャンバスサイズって何のこと?

キャンバスサイズは名前の通り、キャンバスの大きさ……「イラストのサイズ」のことです。

イラストSNS「pixiv」などを覗くと、投稿したイラストの上部にキャンバスサイズも描いてありますね。

例えばこのスクリーンショットのような部分、「1000×1100」がイラストのサイズです。

投稿する場合はあまりに大きなサイズだとデータ量も多くなりますので、作業時のサイズは大きめにして完成時に縮小して保存している方が多く、私も多用しています。

(縮小したほうがイラストが綺麗に見えますので、お手軽でおすすめです!)

印刷物はもちろん規定に合わせる必要がありますが、インターネットで発表する場合などでしたら特に絶対これと言ったものはありませんし、世の中には縮小せずに原寸で描いて投稿している方もいます。

あまり気にせず自分の描きやすいように描いて、慣れてから考えても良いと個人的には思いますよ!

 

それでは引き続いて、用途や目的に応じたキャンバスサイズを紹介して行きたいと思います。

pixivなどへ投稿する場合のキャンバスサイズ

インターネット上に発表する絵の場合の解像度は、基本的に72dpiで十分です。

キャンバスサイズも特にこれと言った決まりごとはありません(昔はデータ容量を気にすることもありましたが、最近はよほど大きなデータでない限り問題ないです)。

とはいえあまりに大きすぎるキャンバスサイズは自分で描くのも大変ですし、アップロードはもちろん、見てもらうときにも時間がかかったりする可能性があります。

個人的にはインターネット上への投稿の場合は1000×1000辺りを基準に考えれば一番見やすいかなと思います。

実際この辺りのサイズが一番多いです。

また、

これは完成サイズの話で、先程もお話しましたが「大きめのキャンバスサイズで描いてから縮小する」という方法ももちろんありです。

この場合もどの程度縮小するかは自分でちょうどよいサイズを把握するのが一番ですが、とりあえず2倍で描いてから縮小するところから始めてみるとやりやすいかなと思います!

印刷物を作りたい場合のキャンバスサイズ

印刷物を作りたい場合は、当然ですが印刷できるだけのサイズで描く必要があります。

印刷目的に合わせ、キャンバスサイズの単位を「mm」にして縦・横サイズを設定するのが一番失敗なく出来ると思います。

 

解像度はカラーの場合最低300dpi、

モノクロ印刷の場合は600dpi程度必要になります。

 

このサイズ感、最初は慣れないかもしれません。

特に今までネット上で公開しかしていなかった場合はものすごく「キャンバスサイズが大きい」と感じてしまうと思いますが、こればかりは印刷用にどうしても必要なので慣れるしかありません……。

また印刷屋さんに発注するような印刷物、例えば同人誌やアクリルキーホルダーのようなグッズなどの場合、ほとんどの印刷屋さんでテンプレートが配布されていると思います。

こういったテンプレートをダウンロードすればキャンバスサイズが決まった状態から始められますので、一番失敗がなく私はおすすめです!

解像度もほとんどの場合最初から合わせられていると思いますが、私は初心者の頃にダウンロード段階では72dpiだったことに気づかず事故ったことがあるので、念のため確認することをおすすめします……(笑)。

自分用のらくがきの場合のキャンバスサイズ

特に公開する予定もないらくがき、またTwitterなど簡単にアップしたい絵の場合、大きすぎるサイズでないのなら完全に「お好みで」で大丈夫だと思います。

面倒な場合は、もう新規キャンバスを開いた「規定のサイズ」で進めても全然問題ないのではないでしょうか。

Twitterなどはアップロードする場所によってはサイズが決まっている場合もありますので、事前に確認しておくと安心ですね。

(サイズではなく「○MBまで」という場所もあります)

個人的なやり方ですがきちんと描くときは印刷用サイズ、らくがきなどぱっと描きたいときは1600×1200程度(解像度は300)で描いています。

もし悩んだ場合は、一度解像度を100~200、サイズを1000×1000程度で描いてみてはいかがでしょうか。

これで小さいと思った場合はもっと大きなサイズにすれば良いですし、こんなに要らないと思ったら今度は800×800程度にしてみるなど、自分の描きやすいサイズを把握していきましょう!

まとめ

目的別にキャンバスサイズの決め方を紹介してきましたが、印刷物などで指定がない限りは基本的に自分の描きやすいサイズで大丈夫だと思います。

その後公開しやすいようにサイズを縮小する、解像度を下げるなどで調整していけば何とかなりますので、気楽に描いていきましょう。

印刷物だけは低い解像度で描いてしまうとぼやけてしまったりしますので、指定されたサイズを守る必要があります。

ネット上に公開する絵ばかり描いているとサイズの違いに戸惑うこともありますので、同人誌など描いてみたいと思っていらっしゃる方は大きめのサイズに慣れておくと良いかもしれませんね(私もそうやって慣れました)。

  • 印刷物を描く場合は指定されたサイズ・解像度を守る
  • ネット上に公開する絵は見る人の「見やすさ」も考慮する

これでほとんど失敗なくいけると思いますので、楽しくお絵かきして発表していきましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。