ミニキャラの上手な描き方!目やポーズのコツと男女の描き分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ミニキャラ、もしくはデフォルメキャラを描きたい」というときもありますよね。

全体的に小さくするだけだし簡単……と最初は思うのですが、実際に描いてみるとなかなかうまく描けない、可愛く描けない……と頭を抱えることも多くあります。

 

ただ、これもやはり基本基礎ができているか?

というのが大きなカギとなるわけです。

 

ミニキャラを描くにはやっぱりそれに合わせたポイントなども知っておいたほうが可愛く描けますし、ちょっとした工夫でキャラや男女の描き分けも可能です。

そんなミニキャラを描くためのコツやポーズの考え方、男女の描き分け方など、個人的な方法ですがお話していきます。

ミニキャラを可愛く描けると絵の幅も広がりますので、ぜひポイントなども知っておきましょう!

スポンサーリンク

ミニキャラとは?

そもそも「ミニキャラ」と一言で言っても、人それぞれで思い浮かべるイメージが違っていることもあります。

ここでは基本の6~8等身のキャラではなく、「2~3等身サイズに変えたかわいいキャラクター」という考え方で進めさせてもらいますね。

「ミニキャラのバランスは難しいー!」とよく聞きますが、まずはこの辺りの等身のかわいいキャラクターを思い浮かべてみましょう。

一番てっとり早いかわいいミニキャラの資料としては、「ねんどろいど」があると思います。

http://www.goodsmile.info/ja/aboutnendoroids

お絵かきや創作、二次創作などをしている方は、どこかで目にする機会も多いのではないでしょうか。

ねんどろいどは2.5等身くらいのデフォルメされたかわいいキャラクターですが、どれも可愛く人気がありますよね。

ねんどろいどはデフォルメするに当たって必要なポイントが全部入っていますので、デフォルメ資料としては最適だと私は思います!

ミニキャラのアタリ・書き方のコツ

ミニキャラを描くときは等身を意識しつつ、2等身の場合は胴体と足をそれぞれ0.5ずつ、3等身の場合は頭・胴体・足がそれぞれ1になるようにアタリを取ってみましょう。

大雑把ですが、こんな感じでアタリを作ります。

くびれはなく、幼児体型をイメージする感じで描くとそれっぽく見せることが出来ます。

また肩幅を大きく取ってしまうと違和感なので、肩幅は狭くして可愛いイメージを作っていきましょう!

手や足のサイズなどは人それぞれなので、自分の絵に合った方法、自分の好きな方法を探すのが一番です。

私はこのように手や足の先が細くなったタイプのミニキャラをよくかきますが、逆に手先が大きかったり、またもっと小さく描く方もいらっしゃいます。

イラストSNSのミニキャラや最初にお話したねんどろいどなどはとても参考になりますので、ぜひ見ながら練習してみてくださいね!

ミニキャラの目の描き方のコツ

ミニキャラの目はねんどろいどなどを見ると分かりますが非常に大きく、また中央より下よりになっていることが分かります。

この辺りも「可愛く描く」ため個人的には大切なポイントで、可愛く描くときは目を大きく、パーツを下より、そして目や口を近くに描くと可愛く見えるようになります。

目についてはこの基本を守った上で丸にしたり、線にしたりしている方も多いです。

きりっとした目や三白眼、つり目やタレ目などもこの基本を守った上で描けば違和感なくミニキャラにできますので、ぜひ自分にあった描き方を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

ミニキャラのポーズと描き方のコツは?

ミニキャラの場合手や足がどうしても小さくなりますので、ポーズを取らせる基本としては「大げさに、よりダイナミックに」となります。

例えば頭の上に手を持っていくようなポーズはリアルをそのまま再現することはちょっと厳しいですので、両手をばっと上に向けてそれっぽく見せる、など考えていく必要がありますね。

また手や足の先を大きく描くデフォルメ方法を使うと動かしたパーツがより目立つようになりますので、個人的にアクションなど大げさなポーズを取りたいときには良いと思います。

どうやってポーズを取らせたら良いかわからない場合、まずはそれぞれのパーツを分けてみましょう。

頭・胴体・両手・両足それぞれを組み立て人形のように考え、やりたいポーズに合わせて胴体につけていくイメージで描いてみます。

その後違和感があればそこは思い切って違和感がなくなる、可愛く見えるように直してしまっても良いと私は思います。

ミニキャラは例え大人キャラであっても「可愛い」が大切だと思いますので、違和感がなくなるのであればちょっとバランスがおかしいなどはスルーしても良いのではないでしょうか。

ミニキャラの男女描き分けの方法

ミニキャラの場合は肩幅の差やゴツゴツした体型などが表現しにくいので、男女の描き分けがしにくいと思われがちです。

こういった場合、「大きなパーツを目立たせる」ことで男女の描き分け、また年齢や性格の描き分けも可能です。

最も考えやすいのは「目」で、先程お話した通り基本を踏まえた上で目尻のつり上がった凛々しい顔、大人なら目を細めた顔などで描き分けることが出来ます。

例えば同じ女の子の場合も、勝ち気な子と内気な子では目ももちろん違いますし、ポーズも変わってくると思います。

勝ち気な子や男の子はよりアクティブにし、目はもちろん、手、足などの動きで表現することが出来ます。

肩幅も狭いまま「なで肩」ではなくしっかり角度をつければ一気に男性的なイメージになりますね(限度を超えるとミニキャラとして違和感になってしまいますが)。

こういった目立つ部分を考えることで描き分けは十分に可能ですので、描きたいキャラに合わせてポーズなども考えていきましょう!

まとめ

最初にお話したねんどろいどはミニキャラの資料としては本当に最適だと私は思いますので、もしお手元にあればそれをじっくり、ない場合はインターネット上にたくさん写真がありますので、そういったものを資料としてじっくり眺めてみてください。

手の大きさやポーズ、動かし方など、ミニキャラに必要な要素が全部入っています。

また小さなパーツは思い切って排除し、目立つパーツを大きく見せることもミニキャラを見せる方法として大切だと思います。

通常の等身と同じように全部描こうとするとどうしても限界がありますし、違和感のあるミニキャラになってしまいます。

「厳選して目立つパーツをより目立たせる」ことでキャラクターの特徴も大きく出すことが出来ますので、おすすめですよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。