無料お絵描きソフト(パソコン用)まとめ!目的別にオススメを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットで絵描きさんの魅力的な絵を見ると、自分でも絵を描いてみたくなりますよね!

Windowsには「ペイント」など一応絵が描けるツールは入っているのですが、正直「お絵描きを楽しむ」というには難しいツールとなっています。

今回は、目的別に筆者が今まで使ってきた中で「これは無料なのにすごいなぁ!」と思ったオススメお絵描きソフトを紹介していきます。ご自分の描きたい目的と合わせて使えそうなソフトを選んでくださいね!

スポンサーリンク

無料ソフトから本格的にお絵描きを楽しむには?

お絵描きにハマってペンタブを購入したはいいものの、そこそこ画力がついてきた今、ネットに情報を公開してみたい!と思うものです。

そうなるとお絵描きソフトの導入が必須となるわけですが、いきなり有料ソフトに手を出すのは…いささかハードルが高いですよね。私も最初はそうでした。

ですからまず、最初は無料のソフトを使ってみるのはいかがでしょうか。


ただ、無料といっても侮るなかれ!

使えるソフトはたくさんあります。

 

無料のお絵描きソフトはたくさんありますが、無料だからといって使いにくい・機能が足りないというわけではなく、すでに有料のものに匹敵するようなソフトもあります。

なので、イラストから始めてみたい、でもPhotoshopなどを最初から買うのはちょっと…」という場合にこそ活用していただければと思います。

 

では、今回は無料のお絵描きソフトを用途別に紹介していきます。

  • イラスト、漫画どちらでも描いてみたい方のソフト
  • イラストだけを描いてみたい場合のソフト
  • 画像編集や加工をメインにやってみたい方へのソフト
  • とにかく軽量なソフトで本格的にやってみたい方へのソフト

順番にご紹介しますね。

イラスト・漫画どちらも描いてみたい方へのおすすめソフト

参考元:https://medibangpaint.com/

イラストはもちろん、パソコンで漫画も描いてみたいという方には「MediBangPaintPro(メディバンペイント)」(Win/Macどちらも対応)をおすすめします!

ご存知の方も多いかもですが、

元々「クラウドアルパカ」という名前で、古くから愛されていたソフトですね。

メディバンペイントと名前を変えてからは更に機能性が良くなり、またネーム制作アプリなど外部連携も多く、このソフトひとつでイラストから漫画まで全てをこなせます。

メディバンペイントは基本的なイラストに必要なツールはもちろん、漫画を描きたいときに欲しい機能がたくさん用意されています。

コマ割りや集中線、パース定規、また漫画作成には必須な文字入れもフォントがたくさん揃っていて、思うがままに漫画を作成することが出来ます。

メディバンペイントは起動するとログイン画面が出ますので、

まずは登録から行うことになりますね。
たくさんのアイコンに最初は驚かれるかもしれませんが、ブラシを選ぶ→ブラシの形状を選ぶ、など基本的な操作は視覚的にも分かりやすく、またログイン時の画面でメディバンペイントの使い方の動画のリンクなどもあります。

実際の使用感としては…。

個人的には「機能は多いけれど自分がやりたい操作をひとつずつ理解し、慣れていくことが出来るソフト」と言った印象を受けました。(もちろん使い方紹介などを見ながら進めると、よりスムーズに慣れることが出来ます)

漫画作成に向いていないソフトを使っている方がコマ割りや文字入れのためにメディバンペイントを併用している場合も多く、細かいイラストも十分に描けるソフトです!

公式サイト:https://medibangpaint.com/

イラストを描いてみたい方へのおすすめソフト

参考元:http://firealpaca.com/

イラストを描きたい方へおすすめしたいソフトとして、「FireAlpaca(ファイアアルパカ)」(Win/Macどちらも対応)があります。

集中線描画機能、パース機能なども揃っていますが何よりもおすすめできるポイントとして「分かりやすさ」があります。

感覚的に操作が可能ですので、初心者さんが初めて扱うお絵描きソフトとして最適ですね。

軽量であることも特徴で、少し古いパソコンを使っている方などもストレスなくお絵描きをすることが出来ます。

 

また、

ファイアアルパカをインストールし開いてみると、色の選択やブラシ、ブラシの形状、レイヤーなどが分かりやすく配置されているのがご覧いただけるでしょう。

「分かりやすい」とお話した通り見た目で選んで描いていくことが可能で、それでいてブラシの形状も多く、手ブレ補正(タブレットで入力する際のブレを補正する機能)も自分に合わせて選べます。

「ファイアアルパカを使ったことがない方でも慣れた方なら何も迷わず描けるソフト」と思えるくらいの分かりやすさだと私は思いますので、初心者さんにとってもシンプルに楽しくお絵描きを始められるのではないでしょうか!

このソフトの強みとしては、無料でありながらpsd方式の入力・出力も可能なところだと思いました。同人誌やグッズなどを作ってみたい方にもおすすめできるソフトです。(CMYKカラーは非対応なので、そこはご注意くださいね!)

原稿用紙のテンプレートなども最初から入っていますので、それを使えばサイズの失敗もなく進められますよ!

公式サイト:http://firealpaca.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像編集・加工をやってみたい方へのおすすめソフト

参考元:https://www.gimp.org/

無料とは思えない程の画像編集や加工が可能なソフトに「GIMP(ギンプ)」(Win対応)があり、こちらは有名な画像処理ソフトである「フォトショップ」の代わりになるとまで言われています。
(フォトショップは優秀ですが、やはりお値段が高いので……)

 

機能は無料でも相当豊富であるため、「無料のフォトショップ」なんて風にも呼ばれていますね。

レイヤーやブラシ機能などお絵描きをするためのツールもありますが、何よりもの特徴が編集・加工の多様さです。

ただ、起動するとたくさんのアイコンやブラシの形状がすぐ目に入り、初心者さんは少し混乱してしまうかもしれません。

 

とはいえ例えばツールボックスの機能について、マウスポインタを合わせれば内容が分かりやすく表示されるようになっています。

こうやってひとつひとつ使ってみて、把握していくのが一番かなと個人的には思います。

本当に機能が多いので最初から全部を把握しようとするのではなく、少しずつ自分のやりたいことが出来るかどうかを調べたほうが結果的に早く慣れるのではないでしょうか!

難点といえば、機能の多さのためか起動時間が長く、少しの間待つことになる点です。あと、細かい処理を繰り返していくうちに、レイヤーを重ねていくうちに重たくなっていきます…。

 

また、全体的な動作も他の軽量ソフトと比べるとやはり重いので、「シンプルにお絵描きしたい!」という方には不向きという印象も受けました。

GIMPはソースコードが公開されているため自由にScript-Fuやプラグインを作ることができ、配布サイトなどで自分が使いたいプラグインなどをダウンロードし、利用することが出来ます。
ロゴやサイトのボタン作成もこういった機能を使えばほとんど手間なく様々なものが作れますので、「画像編集や加工のためにGIMPをインストールして必要に応じて使っている」という絵描きさんもたくさんいます。

GIMPは海外のソフトのため、ページに行くとちょっと引いてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
でも、実際は簡単です。

公式サイトに移動したらすぐに「DOWNLOAD」という赤いボタンが右側に見えますので、そこをクリックしてインストールを進めてもらえば大丈夫です。

言語選択は「English」のまま進めても日本語表示になりますので、気にせずそのままインストールしましょう!

公式サイト:https://www.gimp.org/

インストール不要、軽量さを求める方へのおすすめソフト

参考元:https://azpainter2.softonic.jp/

次にインストールする必要がなくUSBメモリなどに入れて持ち運べ、根強い人気がある「AzPainter2(アズペインター2)」(Win対応)をおすすめしたいと思います。

しかし残念ながら開発はすでに終了されていて、今後ずっと使い続けることは厳しいかもしれません。

とはいえシンプルかつ使いやすい軽量お絵描きソフトとしての人気は高く、入門ソフトとしてぜひおすすめします!

こう聞くと「機能が少ないのでは」と思われるかもしれませんが、レイヤーなどのお絵描きソフトの基本はもちろん、フィルターも数多く揃えられています。

アズペインターは開発終了しているソフトで、ここ最近に出たソフトと比べると画面の古っぽさ、丁寧な説明がない、といったところは確かにあります。とはいえペンなどは視覚的に選べますし、各種レイヤーも他のソフト、また有料ソフトと比べても遜色なく揃っています。
難点としてはブラシの形状が少なく、また範囲が広くないので大きなブラシなどがない所です。

とはいえ「とりあえず絵を描いてみよう」と思った方には分かりやすく、扱いやすいツールが揃っているという印象です。

長くお絵描きをしている絵描きさんも「アズペインターが一番使いやすい」と使っている、また「以前使っていた」という方が多いです。

大きなサイズは対応していませんので印刷媒体に向けた絵を描くのは不向きですが、例えばpixivへの投稿などオンラインでの活動をメインに考えている場合は全く問題なく使えます。

資料を開きながら作業が出来るのも嬉しいポイントで、いろいろなお手本を見ながら描きたい初心者さんにとっても扱いやすいソフトだと思いますよ!

ダウンロードサイト:http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/azpainter/

まとめ

無料のお絵描きソフトは他にもたくさんあり、またペンタブレットを購入した際に有料ソフトの無料版や体験版が付属している場合もあります。

今回紹介したお絵描きソフトの特徴やオススメポイントをまとめると、

・イラストや漫画を描いてみたいという場合にはメディバンペイント
・シンプルに高品質なイラストを描いてみたい方はファイアアルパカ
・画像編集や加工もやってみたい方はGIMP
・とにかく軽さを最優先し、絵を描いてみたい方はAzPainter2

このような形で選ばれるのがいいかと思われます。

お絵描きソフトはそれぞれ相性もありますので、興味を持ったソフトがありましたらまずは一度インストールしてみて自分で使ってみるのが一番です。

「世間の評価はいまいちだけれど、自分にはこれが合っている」と長年気に入ったお絵描きソフトを使い続けたり、有料ソフトを導入したけれど下書きまでは使い慣れたソフトでやっている絵描きさんもたくさんいます。

今回ご紹介したソフトはもちろん、興味を持ったソフトはぜひ一度ご自分で試してみて、自分が一番使いやすいソフトを見つけてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。