パソコンのお絵描きでのキャンバスサイズと解像度の決め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「パソコンでお絵描きしてみよう!」とペンタブとソフトを用意し、新規キャンバスをクリックすると今度は「キャンバスサイズ」「解像度」などが出てきます。

ここでまた「えっこれなんなの?」と戸惑ってしまうことも少なくないですよね。

とりあえず出たサイズと解像度でそのまま描いてみてもほとんど問題はありませんが、やはり詳しく知っておくと解像度を決めやすくなると思います。

目的がある場合はやはりそれに合ったサイズにする必要もありますので、どんなものかについて軽く学んでおきましょう!

スポンサーリンク

「解像度」って何のこと?

お絵描き初心者さんにとってはいきなり出てくる言葉で、戸惑っていまいますよね。

ポイント: 何も気にせず何度かお絵描きを楽しんでから確認していただいても良いと私は思いますので、「解像度ってそういうものなのか」という程度程度で見ていただいても大丈夫です。

 
とはいえ難しく考える必要はなく、これは「絵の密度」と考えてもらえば良いと思います。

パソコン上の画像は全て「ドット」という点の集まりで、解像度とは「1インチの中にドットがいくつ入っているか」というものを表す単位なのです。

解像度のところを見ると「dpi」という単位が見えると思いますが、これが72なら1インチの縦横それぞれに72個のドット、300ならそれぞれ300のドットが集まっているということになります。

つまり、

解像度が低いと拡大した際にぼやけたりカクカクした線になり、解像度が高いと拡大してもしっかり表示されない、といった現象がおこってしまうわけですね。

↑このように絵の一部を拡大するとぼやけたりカクカクした線になります。

インターネット上に発表する絵の場合は、72dpiで十分です。

印刷用、同人誌などで使いたい場合は300dpi以上必要ですが、こういった場合は印刷屋さんなどでも指示されていますしテンプレートもあることが多いです。

まずは公式サイトを確認し、それに合わせて準備したほうが失敗がないので、個人的にはおすすめです!

ない場合もソフトのテンプレートに「同人誌用サイズ」などがあることが多いので、それを使えば大丈夫です。

印刷用テンプレートなどを開いてみると画面の大きさに驚くと思いますが、実際に紙に印刷する場合はどうしても必要なので頑張って慣れるしかないです……。

 

私も以前、印刷用サイズに慣れるために日頃から印刷用サイズで描いてみたりしていました。

またインターネット状に公開するようなイラストの場合も、最初は300dpiで作成してから72dpiに落とすなどする場合もあります。

そのほうが最初はドット数が多く細かく描けますが好みも大きいので、この辺りはパソコンでのお絵描きに慣れていってから少しずつ自分のパターンを見つけてくださいね!

キャンバスサイズって何のこと?

キャンバスサイズは名前の通り、キャンバスの大きさ……「イラストのサイズ」のことです。

例えばイラストSNS「pixiv」などを覗くと、投稿したイラストの上部にキャンバスサイズも描いてありますね。

スポンサーリンク

例えばこのスクリーンショットのような部分、「1000×1100」がイラストのサイズです。

投稿する場合はあまりに大きなサイズだとデータ量も多くなりますので、作業時のサイズは大きめにして完成時に縮小して保存している方が多く、私も多用しています。

ポイント: 縮小したほうがイラストが綺麗に見えますので、お手軽でおすすめです!

 
印刷物はもちろん規定に合わせる必要がありますが、インターネットで発表する場合などでしたら特に絶対これと言ったものはありませんし、世の中には縮小せずに原寸で描いて投稿している方もいます。

あまり気にせず自分の描きやすいように描いて慣れてから考えても良いと、個人的には思いますよ!

[ad#ad-1]

結局どうやってサイズや解像度を決めたらいいの?

それぞれがどういった単位なのかを把握したところで、いよいよどうやって決めたらいいかまとめていきましょう。

印刷物はそれに合わせたサイズ・解像度が必要ですので、それに合わせます。

ただ、インターネットでの発表、また自分で好きにお絵描きがしたいという場合やらくがきの場合ですと、正直なところ私の答えとしては「好きにすれば大丈夫!」です。

また、

仕上がりを考慮するならば、大きなサイズで描いて完成後に縮小するときれいになりますので、最初は完成サイズの2倍程度で描くのが個人的におすすめしたい方法です。

私はきちんと描くときは印刷用サイズ、らくがきなどぱっと描きたいときは1600×1200程度(解像度は300)で描いていますが、この辺りもその日の気分で変わったりします。

なのでもし悩んだ場合は、一度解像度を100~200、サイズを1000×1000程度で描いてみてはいかがでしょうか。

これで小さいと思った場合はもっと大きなサイズにすれば良いですし、こんなに要らないと思ったら今度は800×800程度にしてみるなど、自分の描きやすいサイズを把握していきましょう!

解像度・キャンバスサイズを決める際の注意点

基本的にソフトが対応している限りは自由でも良いのですが、完成させる絵を大きくする場合はパソコンのディスプレイの表示以上(1920×1080が主流だと思います!)にしてしまうと全体を表示できなくなってしまうので注意しましょう。

注意: もちろんサイズや解像度を高くすると、データも重くなります。

 
パソコンのスペックによっては大きな画像で描こうとするとペンを動かすだけで一苦労、ということにもなりかねませんし、例えばらくがきで縦横3000以上などは、個人的にはさすがに必要ないと思います。

この辺りで迷った場合は、ソフトにある「規定のサイズ」から使ってみるのも良いですね!

まとめ

いろいろお話しましたが、解像度やキャンバスサイズが重要になってくるのは印刷物などの場合です。

趣味で描く場合やインターネットなどでの発表の場合は深く考えず規定のサイズから選んでもらっても大丈夫ですので、まずは描きやすいサイズを把握するのが一番だと思います。

大きくするともちろんペンの太さ、細さによる雰囲気も変わりますが、個人的には多少大きめのサイズ(2000程度)で太めのペンで描き、縮小する方法をおすすめします。縮小するとまた雰囲気が変わるので、いろいろ試してみてくださいね。

ともあれ最初はパソコンでのお絵描きを楽しむことが一番です。

解像度などは慣れてから考えても十分間に合いますので、あまり深く気にせずお絵描きを楽しみましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。