お絵描き投稿ができるオススメサイト!目的や特徴別で紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかくお絵かきを始めたのですから、ただ黙々と描いているだけではなくお絵かきが投稿出来るサイトなどに投稿してみたくもなりますよね!

お絵かき投稿が出来るサイトはたくさんありますが、その特徴、また投稿する目的なども様々だと思います。

  • 「せっかくだからたくさんの人に見てもらいたい」
  • 「お小遣い稼ぎがしたい」

など人それぞれ理由があると思いますので、今回は目的や用途別に、特徴や目的からも選べるようにお絵描き投稿サイトをいくつかご紹介していきます。

ぜひ自分に合ったお絵かき投稿サイトを見つけて、お絵かきライフがより楽しくなるようにしていきましょう!

スポンサーリンク

お絵描きの目的別!オススメの投稿サイト選び

現在、SNSでのお絵描きの投稿というのは日常的に行われていて、いつでも好きな時に好きなようにアップロードできるのが特徴です。

ただ、

お絵描き投稿サイトによってそれぞれ特徴があるため、状況や目的に応じて選んでいく必要があります。

ざっとお絵描き専用のSNSをチェックしてみると、私が知る限りであっても

  • pixiv
  • TINAMI
  • pictBLand
  • 漫画ハック
  • GALLERIA
  • イラストAC

などなどのものがあります。

 

ここで「選び方」を知っておかなければならないわけですが、果たしてどのように選べば良いのか?

 

お絵描き投稿サイトには種類や棲み分けもあり、集まる人も投稿される絵も結構な違いが見られます。

全く初めてだと違いや特徴などもハッキリとしないので、順番に解説していきますね。

その1:「pixiv(ピクシブ)」 ユーザー数も最大規模でイベントも豊富!

日本でのイラストサイトといえばやっぱり「pixiv」が最初に出てきます。

ただ…自分の絵を世間に知ってもらおう!

というのにはちょっと向かないかもしれません。

 

なぜなら膨大なイラストや漫画が毎日投稿され、新着を追うのはかなり厳しいレベルだからです。

むろん楽しむだけなら更新も活発ですので刺激を得られるのは間違いないでしょう。

他人の作品を見てモチベを上げる目的にも使えると思います。

 

また、絵のレベルも非常に高いです。

デイリーランキングやウィークリーランキング、また漫画ランキングなど細かく分けられています。

 

二次創作も多くあり毎日活発な投稿が行われていますが、逆に数が多すぎて埋もれてしまう可能性はもちろんあります。

そのため楽しむぶんにはいいですが、pixivで目立とうと思った場合は、よほど力をつけて頑張る必要が出てきます。

絵のコンテストなども数多く開催されていたり、ユーザーによるイラスト企画などもたくさん開催されていますので、そういったところから入るのもありだと思います。

その2:「TINAMI(ちなみ)」

pixivよりユーザーは少ないものの、着実に少しずつ人口を増やしている投稿サイトが「TIMAMI」です。

 

昔からあるサイトなのですが、最近じわじわと勢いを伸ばしているサイトでもあり、かつ初心者でも敷居が低いとされています。(いい意味で勢いがありすぎないので)

 

投稿速度もpixivに比べゆっくりなので、いろいろな人に見てもらいたい場合はこちらのほうがおすすめかもしれません。

またコンテストも開催されていますし、交流や上達支援を目的としたラウンジがあるのもTINAMIならではの特徴です。

こちらもオリジナルや二次創作はもちろん、特徴的なのはコスプレの投稿があることです。

そのためコミケ前の参考にしたり、という使い方ができるのも特徴ですね。

 

お絵かきという意味では少しずれますが、たくさんのコスプレも見ることができますのでpixivとは違った楽しみ方も可能です。

その3:「pictBLand(ピクトブランド)」

pictBLand(ピクトブランド)」は少し特殊です。

どういうことかというと、BL(ボーイズラブ)に特化したお絵かき投稿サイトになります。

つまり「知る人ぞ知る」人のためにつくられた、コミュニティという訳です。笑

 

こちらは完全クローズドサービスですので、自分から外部ユーザーに見られるように設定しない限り、会員以外に見られることはありません。

また、苦手なジャンルを見ないための「地雷避け機能:除外タグ設定」などもあり、安心して見ることが出来ます。

姉妹サイトである「男女CP(カップル)特化型サイト:pictMalFem」や「GL(ガールズラブ)特化型サイト:pictGLand」などもありますので、自分に合ったサイトを選んで投稿すれば「同じ趣味を持つ仲間」にしか見られないという安心感があります。

逆にこれらの特化にピンと来ない場合はサイトを選ぶことも難しいので人を選びますが、選択肢のひとつとしては十分にありだと思いますよ!

スポンサーリンク

その4:「マンガハック」

マンガハック」は今までのイラスト投稿サイトとは少し違う、漫画に特化したサイトになります。

漫画を描いてみたい人、誰かに読んでもらいたい人はこういった漫画に特化したサイトを使うのも選択肢に入れて良いと思います!

レベルの高い漫画が並んでいますし、会員でなくとも読めますので一度サイトをご確認くださいね!

 

  • 漫画を描こうとおもってもアイデアがわかない
  • 構図やコマ割りとか、他人がどうやってるのか知りたい
  • とりあえず暇つぶししたい

 

といった目的でも活用できるのがいいですね。

2000作品以上のオリジナル漫画が幅広いジャンル揃っていますし、またこのサイトをポートフォリオとして管理することも可能です。

好きな作者さんを応援もできますので、漫画を中心に考えたい方にはぜひおすすめします!

その5:「GALLERIA(ギャレリア)」

「(GALLERIA(ギャレリア))」もオリジナルから二次創作まで幅広く投稿出来るサイトで、デイリーランキングやタグなども充実しています。

長くインターネットで活動している方は「手書きブログ」と同じところ、というとわかりやすいかもしれません。

 

 

またイラストの分類も細かく、「露出の多い絵やちょっと特殊なものは見たくない」「原作に沿っていない二次創作は見たくない」などにも対応しています。

つまり安心して見られるという点は非常に魅力的ですね。

こちらも比較的ゆっくりしていると感じましたので、ゆっくり絵が見たい方、投稿した絵を見て欲しい方にはおすすめです!

その6:「イラストAC」

最後は少し特殊なのですが、無料でイラストがダウンロード、そしてアップロード出来るサイトが「イラストAC」です。

たくさんの方に自分のイラストを使ってもらいたい方、知ってもらいたい方が絵を公開する場としてはもちろん、マイページはポートフォリオとして楽しむことも可能です。

イラストページからイラスト作成の依頼を受け付けることも可能なため、プロを目指したい方にとっても腕試しとして使えます。

 

こちらのイラストACの他のサイトにはない特徴としては、

「イラストで収益化することもできる」

という点があります。

 

イラストがダウンロードされるたびにお金が貯まり、人気の高い方ですと10万以上も稼ぐこともあります。

プロを目指す一環として、また腕試しとして、こういったサイトを利用してみるのもありだと思います!

 

素材として使ってもらうのであれば汎用性の高いものなど、需要の高いものから挑戦するのもありですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回有名なサイトや私が知っているサイトを中心にご紹介しましたが、私は普段pixivを使っています。

新着で表示された絵も一瞬で流されてしまうので、ゆっくり絵を眺めたい方、投稿した絵を埋もれさせず見て欲しい方にとってはやっぱりおすすめできないかなとは思いますが、人口の多さは魅力でもあります。

一時TINAMIも使っていましたが、あちらはとてもゆっくりした雰囲気で気楽に構えられるのが一番の魅力だなと私は感じました。

自分の性格や投稿する理由などを考え、楽しく投稿出来るサイトを見つけるのが一番だと思います。

ぜひ色々サイトを覗いて確認してみてくださいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。