ペンタブの替え芯を綿棒やパスタの代用で自作する方法はアリ?

ペンタブの替え芯は換える頻度も人によりますし、場合によってはしょっちゅう換えなければならないという方もいます。

 

高い芯を使っていない、標準芯の場合はそこまで高価なものではないのですが、それでも何度も交換していると「安い」というほどのものではないんですよね。

 

デジタルイラストを書くにもお金がかかるってもんです。

 

そんなときにネット情報などを調べていると、

  • 「綿棒を替え芯の代わりにした」
  • 「パスタを代用した」

なんて話を目にすることがあります。

 

「これ大丈夫なのかな?」

スポンサーリンク

 

と思う方もいらっしゃると思いますし、検索エンジンで関連キーワードが出ている以上、「使えるのかも……?」みたいな都市伝説的なイメージもあるのかもしれませんね。

 

それに実際に使っている方もいらっしゃるとのことですが、どこまで使えるのか、本当に大丈夫なのか気になるところですよね。

今回はペンタブの替え芯を綿棒やパスタで使えるのかどうか、大丈夫なのかどうかという部分についてお話していこうと思います!

続きを読む

スポンサーリンク

ペンタブの替え芯の換え時や寿命は?種類や用途別のオススメを紹介!

「ペンタブの芯は換えなければいけない」というのはよく聞くと思うのですが、実際どのくらいになったら換えれば良いのか、またそこまで減らない場合の寿命なども気になるところですよね。

またペンタブの芯にもいくつか種類があり、「どういった特徴があるのか分からないままでは試すのはちょっと」と思われている方も多いと思います。

スポンサーリンク

ペンタブの芯に関しては個人の好みなども大きく、私の受け取り方や感覚では一致しない方も多いかもしれません。

それでも参考にはなると思いますので、ペンタブの替え芯について、そして種類などについてもお話していきますね!

続きを読む

絵を最後まで描けない・完成できない!って時に考えるべき3つの視点

思いついた絵、描きたい絵を描き始めたはずなのに、その絵を最後まで描くことが出来ない、完成させられずにやめてしまった描きかけの絵がたくさんあるけれど、もう続きを描く気にならない……。

お絵かきをはじめて少し経つと、こういった経験が出てくる方も多いのではないでしょうか。

 

「完成させたいという気持ちはあるけれど、どうしても持続しない」

ということが続くと、気持ち的にもどんどん追い詰められてしまうのではないかと思います。

 

こういったときは、どうすれば最後まで描くことができるのでしょうか。

私なりの考えですが、最後まで描けなくてつらいときに考えるべき視点をいくつかご紹介しますので、参考にしていただければと思います!

続きを読む

スパコミ2017の日程は?開催地や配置図とジャンルもチェック!

コミケの前哨戦?いやいやそんなことはありません。

GW中に楽しめる、コミック関係のイベントをご存知ですか?

 

東京ビッグサイトで行われる5月のコミックイベント、「スーパーコミックシティ」に注目です!

絵描きさんの中にはご参加なさる方も多いのではないのでしょうか?

 

日程や開催地などの基本的な情報から、配置図やジャンルなど詳細な情報について、出来る限りまとめてみましたのでご参考にしていただけましたら幸いです。

(記事作成の際には出来る限り正しい情報を集めるように心がけていますが、間違えている場合にはご指摘いただけますとありがたいです)

 

 

続きを読む

アタリ(ラフ)の重要性・必要性は?全身や顔のパーツの描き方とコツも

私も何度かお話していますが、アタリやラフを描くのは本当に大切で、絵の練習のためにも必要です。

 

絵の練習でも、プロの先生でもその重要性を説く方は個人的には少なくないとは思うのですが、時としてこういった意見を述べられる方も決して少なくないわけです。

 

「完成する絵には何も残らないから、別に描かなくても良いのでは?」

「最初からそのまま描いたほうが楽だし楽しいから、自分はアタリを描かない」

 

など言っている方もいます。

ちょっと調べてみると、プロの方でも「アタリは描かずにいきなり描いている」という方もいるので、尚更「要らない」と思っている方も多いんですね。

 

しかし絵のアタリやラフをしっかり描くのは様々なメリットがあり、また特に練習段階の初心者さんは絶対に欠かさず描くべきだと私は思っています。次のステージは基本基礎を押さえてこそ、という訳です。

 

なので、プロの方でアタリを飛ばして平気なのはそれだけの技術や努力の結果があるだけで、決して「無くても良いもの」ではないんですね。

 

ということで、

 

今回はアタリやラフの重要性やなぜ必要かというポイント、また描き方のコツについてお話していきますね!

続きを読む

ペンタブの敷物にオススメなのはカッターマット?使いやすい置き方も紹介!

ペンタブはそのまま使っている方も多いですが、「傷がつく」などの理由で保護シートを用意したり、違う敷物を用意して使っていらっしゃる方も多いですよね。

紙やデスクマット、またカッターマットなど、様々なアイテムを使っているというお話も聞きますが、たくさんありすぎて「実際におすすめとなるとどれ?」と気になる方も多いと思います。

また「敷く」といえば簡単そうに聞こえますが、実際に使ってみるとペンタブの上にただ置いただけではズレてしまったり描き心地が悪かったりと、なかなかうまくいかないんですね。

今回はよくおすすめと言われているカッターマットなどの使い心地やその他の敷物、また使いやすい置き方・設置方法について、私なりの方法をお話していきますね!

続きを読む

ペンタブの便利な使い方と設定例を紹介!お絵描き以外の使い道も

ペンタブはパソコンで絵を描くためにはできるだけ欲しいアイテムで、ただパソコンと繋いでドライバをインストールするだけでも十分楽しむことが出来ます。

しかし実は、ペンタブの設定は初期のままだと十分な性能を発揮していないこともあるんですね。

ペンタブならではの設定や使い方もあり、慣れて癖がつくより前に知っておくと、もっと便利に使うことも出来ます。

またペンタブで絵を描き続けていると気づくこともあるのですが、ペンタブはお絵かきだけではなく、普段からもとても便利に使うことも出来ます。

そんなペンタブについての使い方や設定、私の知っている豆知識や他の使い方など、「ペンタブはこういうことも出来る」というお話をしていきますので、ぜひ確認してみてくださいね!

続きを読む

ペンタブを使いこなす!初心者にオススメの練習方法やトレースの効果

「ペンタブを購入して、お絵かきソフトも用意して、いよいよパソコンでお絵かきが出来る!」と思っていたのに、実は「絵が描ける・描けない」以前にペンタブでの操作がうまく出来ない……なんてこともあります。

「アナログと同じように描くだけだと思っていたのにツルツルの板に描くのは全然感覚が掴めない、上手に描けない……」など、ペンタブを使う段階で躓いてしまうこともよくあるんですね。

ですがせっかく用意したのに、ペンタブでうまく描けないからといって諦めてしまっては勿体ないです。

ペンタブ初心者さんが使い慣れるための練習方法、トレースを使った練習の効果などについても、個人的な方法や考えですがお話していきますね!

続きを読む

ペンタブの保護シートのオススメは?紙や百均で代用する方法や自作法

ペンタブはそのまま使っている方も多いですが、「ツルツルした板が描きにくい!」などがある場合、保護シートを使うという選択肢もあります。

ペンタブの描く部分の上に貼り付けたりして使いますが、この「上に貼れるもの」って、実は結構幅が広いんですね。

公式の保護シートというか張り替え用のシートもあるのですが、保護シートを自作したり紙などを使ったり、他のもので代用することも可能です。

ペンタブの描き心地にも関わるのでこだわっている方も多く、どういった保護シートがおすすめなのか気になる方も多いと思います。

今回は私の知っている方法や実際にやった方法などを中心に、保護シートのおすすめや紙の種類などもお話していきますね!

続きを読む

手や腕の描き方!グーに握った手を描くコツや簡単に上達する練習法も

顔やバストアップだけではなく全身を描く練習を始めると、当然ですが手、そして腕を描くことになります。

手は難しいのは何となく分かるんですが、実は腕も何も考えずに描いてしまうと全然腕に見えない、違和感ばかりの絵になってしまうんですね。

しかしだからといって、初心者さんによくありがちな手を描かないポーズなどばかりを繰り返してしまうと、いつまでも描けるようになれません。

ですから今回は初心者さん向けに、個人的な手や腕の描き方のポイントや方法、練習法などをお話しようと思います。

手や腕の描き方については講座・教本などもたくさんありますので、私は初心者さん向けとしてお話しますのでご注意くださいね!

続きを読む