1万円で買える!価格の安いオススメペンタブレットまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンでお絵かきをする場合、マウスでももちろん不可能ではないのですが、私はやはりペンタブレットの購入をおすすめします。

アナログと同じようなペンを持って同じ感覚で線が引けるペンタブと握り方から違うマウスでは、お絵かきしているときの感覚が全く違い、細かな作業も断然しやすくなります。

「ペンタブは高い」と思われているかもしれませんが、1万円以下で買える比較的安価なペンタブもたくさんあります。

特に初めてペンタブを買おうとしている方、これから初めてデジタルでお絵かきをしようと思っている方は、突然高いペンタブを買おうというのはやっぱりハードルが高いですよね。

そこで今回は、1万円ほどの予算で購入できる、私が使ってきたなかでも価格の安いおすすめペンタブレットをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

ペンタブを購入前に考えておきたい!「サイズ」について

ペンタブは、一般的なところではSサイズとMサイズがあります。

Sサイズは描画スペース的には「ハガキ程度」となり、当然サイズも小さいので置き場所にも困りません。

普通の小さなパソコンラックでもキーボードなどの配置を調整すれば十分に絵を描くスペースが確保できるのも、嬉しいポイントですね。

また描くスペースが狭いので、手首の振りだけで絵を描くことができます。

一方Mサイズは描画スペースがSサイズの2倍ちょっと程度となり、私が持っているペンタブですとA4クリアファイルより一回り大きい程度の大きさになります。

ここまで大きくなると当然置き場所も事前に考える必要が出てきますので、まずは置き場所があるかを確認しましょう。

その代わり描くスペースは広く、Sサイズと違い腕も使って描くことになるので、アナログの感覚にも近くなります。

どちらも一長一短であり「絶対にこっちが良い」とは言えないと私は思っていますので、置き場所なども考えサイズを選びましょう!実際に自分が書く絵を想定して、試しに実機を触れるお店などに出向いてみるのも良さそうです。

1万円以下!おすすめペンタブレットまとめ

サイズについて把握できたら、いよいよペンタブを探してみましょう。

いくつかおすすめペンタブレットをご紹介しますので、参考にしていただければと思います!

おすすめペンタブ3位:XP – Pen Star03ペンタブレット 12インチ

こちらもサイズ的にはMサイズでありながら価格が非常に安く、筆圧レベルも2048レベル、さらにはHUIONのペンタブと違いWacom同様「ペンの電池が不要」というペンタブです。

安価でありながら筆圧検知は2048段階あり、指先で消しゴムツールにもすぐ切り替えられます。ショートカットも8つあるので、最初に使うには必要十分のスペックを持っていると言えます。

安さでいうと一番なのですが「ドライバが弱い」という評価も多く、またショートカットも固定です。

念のため生の声もチェックしてみました。

 

・電池がなくて、Mサイズで一番安価なので便利

・パソコンとの相性さえ合えばかなり使える

・パソコンによっては描画範囲にややズレがある

・ショートカットは固定なので、ここは価格相応

・初期不良のメーカー対応は良かった

 

 

このような意見があり、環境さえ整えば、また操作に慣れさえすれば一通りの作業には事欠かない、という感じですね。

ただ、もし自分のパソコンやソフトとドライバの相性が悪い場合は自分で修正していく手間や知識が必要になりますので、「何も考えずにペンタブを使ってお絵かきがしたい!」という方、パソコン知識が詳しくない方はやめておいたほうが良いかもしれません。

 

なので、ある程度パソコンに慣れているのでしたら

手動設定を自己解決できるようなら検討してもいいでしょう。

 

とはいえ価格も安く、また描き心地に関してはWacomと全く変わらない、むしろツルツルしてなくて描きやすいという評判もあり、こちらも十分購入を検討できるペンタブだと私は思います!

おすすめペンタブ2位:HUIONプロフェッショナルペンタブ H610 PRO

Mサイズという大きさでありながら価格帯がWacomのSサイズとほぼ同じという安価なペンタブで、1万円以下で大きなサイズを探しているならこちらが一番おすすめです。

HUIONのペンタブは安価でありながら描き心地の評価も高く、満足度の高いペンタブという評価を多く見かけます。

筆圧感知の良さはペンタブでお絵かきをする場合は絶対に必要になりますので、「Wacomが高すぎて手が出せない」という場合は、こちらのペンタブを購入するのも絶対ありだと思います。

「ドライバが分かりにくい」という評価もよく見かけますが、わからなくなった場合は、ちょっと検索すると解説してもらっているページも出てきますからね。

評判をチェックしてみた所、以下のとおりでした。

 

・サポートが超丁寧でむしろ心地よかった

・Mサイズなのでそこそこ場所をとる

・ペンが電池式なのでちょっと重く感じる

・海外製品なので日本語の情報が少ない

・チャタリングが起こることもある

 

 

などなど…。

初期不良も場合によっては起こるようですが、基本的に年末年始などの時期を除けば早急に日本語メールにて丁寧に対応してもらえる、といった評判も多く見受けられました。

また、

こちらのペンタブは電池を入れて駆動させるタイプのものになります。

「重くてやりづらい」と言ったことはあまり言われていませんが、こちらのペンタブの場合はペンに電池を入れて使うことになりますのでそれだけご注意ください。

(でも、ワコムの充電式のペン製品より軽く感じることが殆どのようです)

この価格でMサイズはなかなかありませんので、こちらも検討してみてはいかがでしょうか!

おすすめペンタブ1位:IntuosDraw

公式サイトでも9180円、アマゾンなどで検索すると8000円ちょっとで販売されています。

「ペンタブと言えばWacomが安定」と言われるほどの信頼があるメーカーのペンタブで、個人的にはペンタブはWacom一択と言っていいと思っています。アマゾンでも安定のベストセラーです(楽天のほうがわずかに安いです)

 

ですので迷ったらまずコレ!

という認識でいいでしょう。

 

Wacomのペンタブは名称などが購入時期によって変わる可能性はありますが、この価格帯のSサイズペンタブは確実にあると思います。

「もし全く同じ名前がない!」などで迷った際は、公式サイトを覗いて探してみてくださいね。

IntuosDrawは本格的なソフトやマルチタッチ機能といったものは省かれており、ただ「描く」ことに特化しています。

とはいえソフトは無料ソフトもたくさんありますし、入門編としては全く問題ありません。

一通りレビューをチェックしてみると、このような感じでした。

 

・筆圧が強いと傷がつく。ユポ紙の上から書くのがちょうどいい

・サポートはちょっと弱め

・ペンが非常に軽い

・入門用には十分過ぎる性能

・他の製品に慣れていると最初は戸惑うかも

 

レビューを一通り見てみると、他のモデルを使ったことがある方からは「使いにくい」、始めてのペンタブとして購入した方からの意見は「じゅうぶん使える」と完全に割れているような感じでした。

そのため、まだ癖の付いていない初心者にとっては、入門用としてはベストな選択であると考えてもいいでしょう。

 

これを使いこなして次のステップへ…といった感覚で臨めば、自分の腕を磨く心強い相棒として活躍できることでしょう。

それに毎日使うものですので、やっぱり「安定感」「信頼あるメーカーのペンタブを使う」のは大切だと私は思います!

まとめ

パソコンでお絵かきするならやっぱりペンタブは欲しくなりますが、やはり安いものではないので初心者さんにとってはハードルもそれなりに高いですね。

ペンタブの安定性で言うとやはりWacomが強く、もっとも信頼出来るメーカーではありますが、このように今はたくさんのペンタブもあります。

1万円以下で購入することも全然問題なくできますので、ぜひこういった安いペンタブでまずはお絵かきをはじめてみてください。

高価なペンタブを用意しなければお絵かきが出来ないなんていうことは全くありませんし、私も最初はSサイズのペンタブをずっと使っていました。

このように「最初はSサイズで慣れてから大きなサイズを考える」というのも全然ありですので、まずは行動してみましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。