ペンタブとPCの接続で相性が合わない・トラブル時の対処方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかくペンタブを買ったのにパソコンと接続したら相性が悪い、トラブルが多い……こんなことが続いてしまうと、絵のモチベーションにも関わってしまいますね。

 

そういったときに何とかしてうまく繋げる、使っていく方法や対策はないかと思うのは当然のことだと思います。

特に古いパソコンやペンタブ、マイナーなペンタブなどを使っている場合、こういったことが起こる可能性はありますし、なんとかして対処していきたい所でしょう。

 

今回は、

  • 「ペンタブの動作がどうもおかしい」
  • 「自分のパソコンでは動かないのに友人のパソコンを借りるとスイスイ動く……」

こんなときにどういったところをチェックすればいいのかなど、相性によるトラブルを中心に見ていきましょう!

スポンサーリンク

ペンタブとPCとの接続トラブルが起こった場合の対処法

もしもペンタブで問題が起こったとき、まず始めにやっておきたいトラブル対処方としては以下の通り。

 

  1. タブレット設定を初期化してみる
  2. ペンタブの設定を見直してみる
  3. OSとドライバーをチェックしてみる

 

基本的にはパソコンとの物理的な接続に問題がある、といったものではなく、システムの面で何かしらの問題が起こっていることが考えられます。

では、

それぞれの対処法ごとの作業手順を順番に確認していってみましょう。

 

対処法その1.まず始めにタブレット設定を初期化してみる

こちらはワコムタブレットを使っている場合ですが、タブレット設定がおかしくなり、相性が悪くなっている可能性もあります。

 

ですから一度、タブレット設定を初期化してみることをおすすめします!

 

お使いのペンタブで多少違いがあるかもしれませんが、私のパソコンとペンタブで行うやり方を以下にご紹介しますので、同じように試してみてください。

 

まず最初に、

「スタートメニュー→ワコムタブレット→デスクトップセンター」

と呼び出し、起動します。

 

すると左側に「バックアップ」「アップデート」など並んでいますので、まずはバックアップファイルを適当に作っていきましょう。

 

ファイルを作れたらデスクトップセンターを閉じ、今度は同じように「ワコムタブレット→タブレット設定ユーティリティ」を起動し、ログインユーザーの設定ファイルを「削除」します。

削除したら一旦閉じてもう一度起動し、今度は「復元」をクリックします。

 

復元が終わったらそのように表示されますので、ユーティリティを閉じましょう。

改めて、ペンタブが使えるかどうか試してみてください。

 

 

ポイント: 以前はこの方法だと設定が消えてしまうので再設定の手間があったのですが、現在は設定をバックアップ出来るようになったのでとても簡単な方法になりました。

 

私もペンタブが効かなくなったときに一度試してみて、とても簡単で驚きました。

バックアップは不具合が出てから作っても大丈夫です。

気軽に試してみてくださいね!

スポンサーリンク

対処法その2.ペンタブの設定を見直してみる

初期設定で正しく設定がされてなく、きちんと動いていない可能性があります。

 

今まで問題なく描いていたなどではなく、「新しいペンタブにしてからおかしくなった」と感じた場合などは、こちらの方法を最初にチェックしても良いかもしれません。

 

例えとしてワコムの場合ですが、確認する方法を以下にお話します。

 

まず「ワコムタブレット→ワコムタブレットのプロパティ」を開き、「マッピング」という部分をクリックします。

すると次の画像のような画面とペンタブが表示されますので、右側の「縦横比を保持」にチェックが入っているかを確認してください。

ここにチェックが入っていないとペンの動作がおかしくなります。

そのため、「線はかけるけれど何かおかしい」というときは真っ先にチェックすることをおすすめします。

 

ポイント: ちなみにIntuos3~5をご使用の場合、上の方にあるペンタブの部分をダブルクリックするとタブレットモードを設定することが出来ます。

 

「標準モード」「文字認識モード」がありますので、文字認識モードにしておくとIntuosの性能がしっかり使えるようになりますよ!

対処法その3.OSとドライバーをチェックしてみる

パソコンとペンタブはきちんと繋いだ、ドライバもインストールした、けれどきちんと動かない……こういったときは、まずOS、そしてペンタブのドライバーが最新のものになっているかチェックしてみましょう。

OSの更新があった場合は一度ドライバをアンインストールし、その状態でアップデートしてからペンタブのドライバを入れ直してみます。

 

ドライバの更新があった場合はもちろん、更新後入れ直す前に最新のドライバを手に入れておきましょう。

 

OSの更新はWindowsアップデートなどから、ドライバの更新は公式サイトなどで確認することが出来ます。

 

最新かどうか分からない場合は、念のため公式サイトで最新ドライバを入手しましょう。

※最新ドライバを使うことにしたほうが失敗もなくなると思います。

 

私がこういうパターンを試すときは、もう最初から公式サイトでダウンロードしたドライバを使ってますし、そのほうが安心出来ます!

相性で失敗しない方法

ペンタブは安価なものから高いものまでありますが、安価なものだったとしても数千円はしますし、学生さんなどにとっては大きな出費でしょう。

 

また、意外と見落としてしまいがちで注意しておきたいのが「相性」の問題です。

人間と一緒で、パソコンにもペンタブとの相性というものが存在します。

 

買ったあと相性でひっかかってしまうと、その分トラブルの対処などにも時間を取られてしまい、二重の意味で損をしてしまいます。

 

ただ、相性が合うかどうかを確かめるのはとっても簡単です!

 

相性を確かめるためには、まず最初に自分のパソコンのスペックとOS、そして使用お絵かきソフトの動作保証対象かどうかという項目をチェックし、それに合ったペンタブを購入するのがオススメです。

 

また私が以前使っていたペンタブですと、パソコンを買い替えた後の大きなディスプレイでは対応せず、きちんとペンタブが働かなくなったことがありました。

長年使っていたのでちょうど良い機会だと思い、そのままIntuos4を購入しましたが、このようにあまりに古いペンタブの場合は大きな画面に対応出来ないことはあります。

(対策があったらすみません! もう「新しいペンタブ買おう」とすぐに思ってしまったので、当時あまり調べていません)

 

またOSも古いものだとサポート対象外になってしまいます。

なので、もちろんパソコンスペックなどにもよりますが基本的には新しいOSを入れて行くことをおすすめします!

 

逆に出た直後のOSではソフトやペンタブ・ドライバが対応していないということもありますので、ここは情報をチェックしつつ自分で判断してくださいね。

まとめ

基本的にペンタブは昔ほど相性の問題はなく、最新のOSとドライバを使っていればほぼ確実に動かすことは出来ると思います。

 

古いパソコンもしくはペンタブ、マイナーなメーカーのペンタブなどの場合は各種ソフトが対応していないこともありますので、動作が怪しいと思った場合はソフトも確認したほうが良いかもしれませんね。

 

また、相性の問題はすぐに原因特定できれば問題ありませんが、見落としてしまう可能性はなきにしもあらずです。

 

そのため相性問題は本当に時間を使って様々な対処法を試すことになってしまいますので、私としては最初から動作保証があるペンタブを購入することをおすすめします。

それに、そういった部分で悩んでいるより、1枚でもたくさん絵を描いて上達できるほうがうれしいですよね!

ともあれ引っかかってしまった場合は仕方がありませんので、今回ご紹介した対策を試していただければと思います!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。