初めてのペンタブレットの選び方!初心者にオススメなモデルは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンでお絵かきをしようとすると、まずは絵を描けるソフト、そしてペンタブレットの購入を検討することになると思います。

ペンタブレットとは板とペンをパソコンと繋いで、その板にペンを使って描くことで画面上でペンを持って描く方法と同じように絵を描くものです(画面に直接ペンで描けるタイプもあります)。

板も小さなタイプから大きなタイプ、画面を見ながら描けるタイプ(液晶ペンタブレット)、またペンにも電池が必要だったり不要だったりと、様々なタイプがあります。

初心者さんの場合はこれだけあると、どれを選べば良いのか分からなくなってしまうこともありますね。

もちろんサイズなどによって値段も大きく変わりますし、予算と相談しなければならない部分も大きいです。

今回はペンタブレットの選び方、とくに初心者さんに私がおすすめしたいペンタブを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

ペンタブレットはどういうもの?

もしかしたら「パソコンで絵を描くならペンタブを用意しよう!」など言われただけで、ペンタブがどんなものか分からない方もいらっしゃるかもしれません。

ですのでまずは、ペンタブの説明から進めようと思います。

ペンタブレットとは、最初にお話した通り板とペン、もしくは画面とペンがセットになっていて、その板の上でペンを動かすことにより画面上で絵が描けるようになる装置です。

マウスとは持ち方から違いますのでアナログと近い雰囲気で描けることはもちろん、ペンタブには筆圧感知機能があり、強弱のついた滑らかな線を引くことが可能になります。

絵を描く際に筆圧感知があるかどうかというのは大きく違いますので、「パソコンでお絵かきをするならペンタブが必須」となるのですね。

またペンタブの操作になれると、普段もマウスの代わりに使えるので便利でもあります(人によるかもしれませんが、私はパソコンを動かすときは半分以上ペンタブで操作しています)。

ポイント: マウスからはじめてみるのも絶対に無理ではありませんが、やっぱりパソコンでお絵かきをするならペンタブレットの購入をぜひおすすめします!

液晶ペンタブレットとは?

先程少しお話しましたが、液晶ペンタブレットという、普通の板タブレットと違うタイプもあります。

こちらは「板にペンを使って絵を描く」という基本は同じですが、液晶ペンタブレット、通称「液タブ」は描く板そのものが画面になっていて、実際に絵を見ながらペンを進めることが出来ます。

つまり、よりアナログに近い雰囲気で描けるようになるのです。

「初心者さんには液タブがおすすめ」とも言われるのは、こういった理由もありますね。

しかし液タブは、板タブと比べてかなりお値段が高くなっていて、初心者さんにはハードルが高いと私は思います。

「パソコンで本格的な絵を描きたい!」

「これからはずっとパソコンを使って絵を描く!」

 

という方で余裕のある方にはおすすめしたいですが、基本的には最初は板タブでも全然大丈夫だと思います。

プロの方でも板タブを使っている方はたくさんいますし、私もずっと板タブを使っています。

高価なものはお絵かきに慣れてそれだけの価値があると思ってから、初めて考えてみて良いと私は思いますよ!

スポンサーリンク

ペンタブの選び方

ペンタブレットがどういうものか分かったので、いよいよどうやって選べば良いのかを考えていきましょう!

どのメーカーにするかをチェック

ペンタブのメーカーはいくつか選択肢もありますが私は正直なところ、おすすめメーカーは「Wacom」です。

Wacom製のタブレットは他と比べ値段も高いのですが、やはりそれだけの安定性、そしてメーカーへの信頼感があります。

Wacomのペンタブレットを使っている方はとても多く、7~8割はWacomを選択しているというところからもその信頼性が分かります。

私もずっとWacomのペンタブを使っているのですが、やはり安定感はありますし、あと個人的な感想として、とても長持ちします。

パソコンのスペックが上がって追いつかなくなり買い換えるまで長年同じペンタブを使っていても、全く問題なく動かせていました。

値段は高くともこれだけ長持ちして安定して動いてくれるのであれば十分な価値があると私は思っています。

とはいえ、逆に言うと値段がネックでもあるのは事実です。

他のメーカーのペンタブは以前は全く使えないという情報も多かったのですが、最近は「Wacomじゃなくても十分」という声もよく聞こえるようになりました。

HUION製ペンタブなどを使っているという方もいますので、お財布と相談しつつメーカーも考えていけば一番かなと思います。

次は価格をチェック

購入する場合はどうしてもお財布との相談になりますので、ペンタブの価格をチェックするのも大切です。

ペンタブは安いものを探せば数千円から、高いものや液タブとなると10万を軽く越すようなタイプまで様々です。

もちろん高いほうが質が良い、機能も多いペンタブであることがほとんどですが、逆に言うと「板に描いて画面に反映させる」という基本的な機能であれば安いペンタブでも十分にあります。

ただ、「筆圧レベル」という部分だけはチェックしておくことをおすすめします。

筆圧レベルは512・1024・2048というタイプがあり、単純に数字が大きくなるほどより精密に筆圧を読み取ってもらえると思って大丈夫です。

筆圧レベルだけはできれば「2048」を選んだほうがストレスもなくスムーズにお絵かきが出来ますので、出来れば2048、512は避けるようにしておくだけでも違うと思います。

画面のサイズを選ぶ

ストレス無くアナログに近い状態で描きたい場合は特に重要な項目で、理想は「出来るだけ大きいタイプ」です。

小さいタイプのペンタブレットを使い慣れてしまうと、どうしても手先だけの動きで絵を描くことにもなれてしまいます。

そうなるとアナログでのお絵かきがしにくくなったり、大きいペンタブに切り替えた場合に想像以上に腕を動かすことになり慣れるのも大変です。

一般的に販売されているサイズはSサイズ(ハガキ程度)、Mサイズ(ハガキ×2より少し小さい程度)です。

Mサイズになると、置き場や配置方法を少し考える必要も出てきますね。

しかし当然と言えば当然ですが、画面のサイズによって値段も大きく変わります。

無理をして巨大なサイズを買うことはもちろんありませんので、自分の予算や部屋の配置に見合ったサイズを優先しましょう。

接続端子やOSが使えるかを確認する

ペンタブレットはパソコンに繋いで作業することになると思いますので、当然パソコンのOSが対応しているか、接続端子が揃っているかどうかのチェックはしておかなければなりません。

OSは古いものを使っている場合でなければほとんど問題ないと思いますが、購入時に必ず確認はしておきましょう!

特に液タブの場合はパソコンに接続可能かどうか、しっかり確認しておく必要があります。

スポンサーリンク

おすすめペンタブレットを紹介!

最後に、個人的に初心者さんにおすすめしたいペンタブレットをご紹介したいと思います。

予算やサイズなどの都合もありますので、参考程度にご確認いただければ幸いです!

おすすめペンタブその1.IntuosDraw

公式サイトでも9180円、アマゾンなどで検索すると8000円ちょっとで販売されています。

ペンタブと言えばまず最初に出てくる「Wacom」製のペンタブで、個人的にはペンタブはWacom一択と言っていいと思っています。

Wacomのペンタブは名称なども購入時期によって変わる可能性はありますが、この価格帯のSサイズペンタブは確実にあると思います。

もし名前などで迷った際は公式サイトを覗いて探してみてくださいね。

IntuosDrawは本格的なソフトやマルチタッチ機能といったものは省かれており、ただ「描く」ことに特化しています。

とはいえソフトは無料ソフトもたくさんありますし、入門編としては全く問題ないと思います。

「パソコンに繋いで絵を描く」という最も基本的でやりたい部分は完全にクリア出来ていますし、安定性はやはり大切ですので、私はこれを一番におすすめします!

おすすめペンタブその2.HUIONプロフェッショナルペンタブ H610 PRO

Mサイズの大きさでありながら価格帯がWacomのSサイズとほぼ同じという安価なペンタブで、この価格帯で大きなサイズを探している場合はこちらが一番おすすめです!

HUIONのペンタブは安価でありながら描き心地の評価も高く、満足度の高いペンタブという評価を多く見かけます。

筆圧感知の良さはペンタブでお絵かきをする場合は絶対に必要になりますので、「Wacomが高すぎて手が出せない」という場合は、こちらのペンタブを購入するのもありだと思います。

「ドライバが分かりにくい」という評価もよく見かけますが、わからなくなった場合はちょっと検索すると解説してもらっているページも出てきます。

またペンにも電池が必要なタイプとなっていますが、よく言われている「重くて使いにくい」と言ったことはなく、ストレスなく使えるという意見がほとんどでした。

この価格でMサイズはなかなかありませんので、こちらも検討してみてはいかがでしょうか!

おすすめペンタブその3. Wacom Cintiq13HD CreativePenDisplay

最後にご紹介するのは「液タブ」、液晶ペンタブレットになります。

もし余裕があって今後ずっとパソコンでお絵かきを考えている場合は、液タブも考慮に入れてよいと私は思います。

13インチの画面は最近の大画面などを見ていると「少し物足りない」という印象を受けるかもしれませんが、描いてみるとそんなことはまったくないという感想がほとんどです。

また置き場所に困らないメリットもあり、液タブを試してみたい場合はまずこちらから入ってみるのも良いのではないでしょうか。

定番のWacom製液タブの中でもトップクラスに安定した人気で、筆圧感知の良さ、描き心地なども定評のあるWacom製ならではの安心感があります。

値段はばらつきも多少ありますが、

おおむね10万ちょっととなっています。

これより一回り以上画面が大きな液タブもありますがそちらは一気に値段も跳ね上がってしまうので、まずはこちらを使いこなしてみるのをおすすめします!

まとめ

私は最初の頃からずっとWacomのペンタブレットを使い続けているので、どうしてもWacomに比重が多くなってしまっているかもしれません。

しかしそれだけ使い続けられる安心感があるのも確かですので、安定した動作が欲しい、満足行く筆圧レベルを確保したいという方にはやはりWacomのペンタブをおすすめします!

とはいえ以前より他の会社のペンタブの性能も上がり、基本的にはあまり変わらないという話もよく聞きます。

予算や置き場所などに合わせ、無理のない範囲で買えるペンタブを買えばまず後悔することもなくお絵かきできると思いますので、じっくり考えてペンタブを選んでくださいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。